メインメニューを開く

葦葉山七兵衛(あしばやま しちべえ、1913年12月1日 - 1962年2月28日)は東京都港区出身の元大相撲力士。井筒部屋所属。最高位は東前頭12枚目。本名は横山 希雄。身長177cm、体重116kg。得意手は右四つ、寄り切り[1]

目次

来歴編集

1928年5月場所初土俵、1943年5月場所、新入幕を果たした。初土俵から十両昇進まで10年、さらに入幕まで5年を掛けた晩成型。1945年11月場所限りで引退、年寄・高田川、のち枝川を襲名。師匠に人柄と豊富な知識を買われ、在京理事も務めた[1]。 のち理事にも就任した。 相撲の取り口は当時としては恵まれた体格を生かした突進型であったが、足を痛めて威力が激減[1]。 同じ井筒部屋の後輩にあたる元幕内大雄は娘婿。孫は元幕下・龍甲。

主な成績編集

  • 幕内在位:3場所
  • 幕内成績:8勝27敗 勝率.299

改名歴編集

  • 横山(1928年1月―1931年3月)
  • 足羽山(1931年5月―1935年1月)
  • 国見嶽(1935年5月)
  • 足羽山(1936年1月―1940年5月)
  • 葦葉山(1941年1月―1945年11月)

年寄名跡編集

関連項目編集

参考文献編集

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ a b c ベースボール・マガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(5) 時津風部屋』p25