メインメニューを開く
蒙古聯盟自治政府
蒙古聯盟自治政府
蒙古軍政府 1937年 - 1939年 蒙古聯合自治政府
蒙古聯盟自治政府の国旗
(国旗)
公用語 モンゴル語
首都 厚和豪特
主席
1937年 - 1938年 雲王
1938年 - 1939年徳王
変遷
成立 1937年10月28日
合併1939年9月1日
時間帯UTC +9
蒙古聯盟自治政府の庁舎
蒙古聯盟自治政府要人。前列中央の人物がデムチュクドンロブ

蒙古聯盟自治政府(もうこれんめいじちせいふ)は、1937年内蒙古南モンゴル)に樹立された日本傀儡政府

盧溝橋事件の後に日本軍は内蒙古方面へ本格的に出兵し、10月17日包頭を占領。ユンデン・ワンチュク(雲王)・デムチュクドンロブ(德王)・李守信がこれに応じる形で10月28日に厚和(帰綏を改称)にて蒙古聯盟自治政府を樹立した。最初は雲王が主席に就任し、翌年3月に雲王が病没すると、徳王が後任の主席となった。蒙疆地区には、蒙古聯盟自治政府の他に察南自治政府晋北自治政府が設立されたが、利害関係を調整して活動の円滑化を図るため、1937年11月22日、3自治政府によって蒙疆聯合委員会が設立された。しかし、この委員会が十分に機能しなかったため、3自治政府を統合して蒙古聯合自治政府を樹立することとなり、蒙古聯盟自治政府は新政府に合併されて消滅した。

中国の日本軍占領地区では中国人阿片生産は禁止されるとともに阿片は日本軍の専売商品とされたが、この蒙古聯盟自治政府地域で日本軍指導により大規模に阿片農場が開発され、そこで栽培された阿片が満州国以外の中国地域で販売されていた。

関連項目編集