メインメニューを開く

蒲池 鑑広(かまち あきひろ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将蒲池氏の山下の分家(上蒲池)の大身蒲池鑑盛(宗雪)の従兄弟であり、彼と同じく大友義鑑から「鑑」の字を賜った。筑後国上妻郡に8千町(8万石)を領した。山下城主。

 
蒲池鑑広
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 天正8年(1580年)12月
改名 鑑廣
墓所 福岡県八女市立花町山下の山麓
官位 勘解由次官[1]志摩守
主君 大友義鑑義鎮(宗麟)
氏族 蒲池氏
父母 父:蒲池親広
星野重実娘?
鎮運鎮行鎮種(全融)
中野鎮光星野鑑泰(鎮泰)?

略歴編集

天正6年(1578年)、豊後国大友氏耳川の戦い薩摩国島津氏に大敗し、勢力が後退したことに乗じて肥前国龍造寺隆信が筑後に侵攻した際、柳川の蒲池鎮漣や鷹尾の田尻鑑種を初め草野鎮永黒木家永など筑後の諸将の大半が龍造寺隆信に与したのに対し、鑑広は龍造寺氏の侵攻に備えた。

鑑広は、龍造寺氏の侵攻を予測して家老の矢加部国広と共に籠城態勢を固め、菖蒲尾(八女市立花町)など上妻郡の各地に兵を配し、天然の要害でもある山下城で龍造寺氏を迎え撃った。龍造寺氏は山下城を包囲し激しく攻め立てるが、山下城に籠もり頑強に抵抗する蒲池氏を攻めあぐねた。鑑広は、立花道雪大友氏の加勢を求めたが、大友氏には耳川敗戦後の自家の立て直しで精一杯であり、蒲池鑑広を助ける助力は無く、やむなく鑑広は筑前国秋月種実の仲介で龍造寺氏と和睦した。

脚注編集

  1. ^ 『北肥戦誌』の記述。

関連項目編集