メインメニューを開く

蒲生 頼郷(がもう よりさと、不詳 - 慶長5年(1600年))は、安土桃山時代武将は真令(さねのり)とも。通称、喜内。備中守を名乗った。

なお、頼郷と同じく蒲生氏の元家臣で、蒲生姓を与えられた蒲生郷舎と混同されがちであるが、別人とされる。

生涯編集

近江国蒲生郡日野の横山村出身。初名は横山喜内。初め六角氏の家臣であったが、織田信長の上洛時に六角氏は滅亡したため、蒲生氏に仕えた。本能寺の変の際には日野城に籠城する。天正15年(1587年)、九州征伐に従軍して、岩石城攻めで軍奉行を務めた。戦後、主君・蒲生氏郷より「蒲生」の姓と「郷」の一字を与えられ蒲生頼郷と名乗った。氏郷が会津に移った時には塩川城代を務め、1万3,000石を知行し、後に梁川城代を務めた。

蒲生秀行下野宇都宮移封後に出奔し、石田三成に仕えた。

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦い島清興とともに奮戦し、不利な状況の中、東軍の織田有楽を負傷させるなどの活躍を見せるが、その後千賀文蔵兄弟に討ち取られた[1]

脚注編集

  1. ^ 『豪雄言行録』

参考文献編集