蒸気船マークトウェイン号

蒸気船マークトウェイン号(じょうきせんマークトウェインごう、Mark Twain Riverboat)は世界のディズニーパークにあるアトラクション

このアトラクションが存在するパーク編集

概要編集

蒸気船マークトウェイン号は、環状の「アメリカ河」を周遊する蒸気船のアトラクションである。環状のアメリカ河(真ん中に島がある池とも表現できる)を本物の蒸気船で周遊する点は全てのパークのアトラクションに共通するが、蒸気船の形状、サイズ、デザイン、名称などはパークによって若干異なる。名称もマークトウェイン号ではないものもあるが、ここでは一緒に扱うこととする。

各施設紹介編集

ディズニーランド編集

蒸気船マークトウェイン号
Mark Twain Riverboat
オープン日 1955年7月17日(ディズニーランドと同時にオープン)
スポンサー なし
所要時間 約12分
定員 300人
利用制限   なし
ファストパス   対象外
シングルライダー   対象外

蒸気船マークトウェイン号 (Mark Twain Riverboat) は、大型船舶のアトラクション。蒸気船に乗り環状の「アメリカ河」を一周し、同じ船着場に戻ってくる。1995年に修理のため一時運行を中断していた。

マジック・キングダム編集

リバティー・スクエア蒸気船乗り場
Liberty Square Riverboat
オープン日 1971年10月1日(マジック・キングダムと同時にオープン)
スポンサー なし
所要時間 約12分
定員 450人
利用制限   なし
ファストパス   対象外
シングルライダー   対象外

リバティー・スクエア蒸気船乗り場 (Liberty Square Riverboat) は、大型船舶のアトラクション。蒸気船に乗り環状の「アメリカ河」を一周し、同じ船着場に戻ってくる。

マジック・キングダムでは、1971年当初はジョーフォウラー提督号 (Admiral Joe Fowler) により運航が開始され、1973年からはリチャード・F・アーバイン号 (Richard F. Irvine) が運行を開始し2艘体制となった。1980年にジョーフォウラー提督号は不具合のため運行を終了。その後1996年にアーバイン号も一旦運行を中止したが、大幅に修理され、名称をリバティーベル号 (Liberty Belle) と改めて運行を再開した。

蒸気船ジョーフォウラー提督号 (Admiral Joe Fowler)編集

ジョーフォウラー提督号 (Admiral Joe Fowler) は、カリフォルニアのディズニーランドのマークトウェイン号と同型の後部外輪船 (Sternwheeler) であったが、1980年に不具合のため運行を終了した。

蒸気船リバティーベル号 (Liberty Belle)編集

リバティーベル号 (Liberty Belle) は、カリフォルニアのディズニーランドのマークトウェイン号よりひと回り大きく、東京ディズニーランドとほぼ同サイズの後部外輪船 (Sternwheeler) である。運行開始当初はリチャード・F・アーバイン号 (Richard F. Irvine) という名称であったが、1996年に大幅修理(ボイラー、エンジン、筐体以外全てを交換)の後、名称をリバティーベル号に改めて運行を再開している。

東京ディズニーランド編集

蒸気船マークトウェイン号
オープン日 1983年4月15日 (東京ディズニーランドと同時にオープン)
スポンサー 新菱冷熱工業
所要時間 約12分
定員 475人/1艘
利用制限   なし
ファストパス   対象外
シングルライダー   対象外

蒸気船マークトウェイン号 (Mark Twain Rivarboat) は、大型船舶のアトラクション。1850年代の外輪船を8分の5程度にスケールダウンしたもの。蒸気船に乗り環状の「アメリカ河」を一周し、同じ船着場に戻ってくる。

船内は1階から4階までの4層構造で、4層目は操舵室のみであり、一般のゲストは3層目まで立ち入りができる。デッキの名称は1層目がメインデッキ、2層目がプロムナードデッキ、3層目がテキサスデッキである。

航行中は船長のランドルフ・ノックスと一等航海士のジェイコブ・ブラッグスの会話が楽しめる。

船が大型であるため、船舶法に基づく船舶として「マークトウェイン号」の名称で船籍登録されている。法令により船体に船名・船籍地名を表示しなくてはならないため、船名は船体の前方部と後方部に、船籍地名(浦安市)は後方部の目立たない位置に書かれている。また、国土交通省関東運輸局から「人の運送をする不定期航路事業」として認可を受けており(「アメリカ河航路」: 715m)、マークトウェイン号は法的に「旅客船」である。

蒸気船であり、風の影響を受けにくい人工池上の航行であることから、ほとんど揺れない。また、風により船が揺れるような影響が出るときは運営を中断する。パーク内でもっとも風に弱いアトラクションである。[要出典]

マークトウェイン号には救命ボートと救命胴衣が用意されていない。これは緊急時にはアトラクション「トムソーヤ島いかだ」のいかだが救援を行うことになっているためである。

開園以来日本水産がスポンサーだったが、2006年9月に提供を終了した。2019年7月1日からは新菱冷熱工業がスポンサーとなる。

ディズニーランド・パリ編集

サンダー・メサ蒸気船乗り場
Thunder Mesa Riverboat Landing
オープン日 1992年4月12日(ユーロ・ディズニーランド(当時)と同時にオープン)
スポンサー なし
所要時間 約12分
定員 右記
利用制限   なし
ファストパス   対象外
シングルライダー   対象外

サンダー・メサ蒸気船乗り場 (Thunder Mesa Riverboat Landing) は、大型船舶のアトラクション。蒸気船に乗り環状の「アメリカ河」を一周し、同じ船着場に戻ってくる。東京ディズニーランドとの大きな違いは、マークトウェイン号 (Mark Twain) とモリーブラウン号 (Molly Brown) の2艘の蒸気船があることと、中央の島にビッグサンダーマウンテンがあることである。

サンダー・メサとは、アメリカ西部にあるとされる架空の町の名称で、ビッグサンダーマウンテンの金鉱山を掘り当てたヘンリー・レイブンスォード卿 (Henry Ravenswood) と、彼が設立した鉱山開発会社であるサンダー・メサ・マイニング・カンパニー (Thunder Mesa Mining Company) によって発展したという設定になっている。

蒸気船は、サンダー・メサの船着場を出ると、ビッグサンダーマウンテンのある島を左手に見ながら反時計回りに周遊し、途中には木々の生い茂る小島や滝、ヨセミテ国立公園を模した間欠泉などを見ることができ、最後に右手にファントム・マナーのマナーハウスを眺めて船着場に戻る。

蒸気船マークトウェイン号 (Mark Twain)編集

マークトウェイン号は、カリフォルニアのディズニーランドにあるオリジナルのものと同型の後部外輪船 (Sternwheeler) である。東京ディズニーランドのものよりもひと回り小さい。定員300人。

蒸気船モリーブラウン号 (Molly Brown)編集

モリーブラウン号は、ディズニーパークで運行されている唯一の舷側外輪船 (Sidewheeler) である。そのため形状が他の蒸気船と大きく異なる。モリーブラウン号の名称は、タイタニック号で生き残った女性マーガレット・ブラウンの通称に由来する。

2005年からエンジン修理のために運休していたが、2007年に再開している。

外部リンク編集