メインメニューを開く

蒼魔灯』(そうまとう)は、1999年12月9日テクモより発売された、PlayStationアクションゲーム

蒼魔灯
ジャンル アクション
対応機種 PlayStation
開発元 テクモ
発売元 テクモ
人数 1人
メディア CD-ROM
発売日 1999年12月9日
対象年齢 CEROC(15才以上対象)
テンプレートを表示

2009年1月28日よりゲームアーカイブスで配信された。

概要編集

侵入者を罠にはめて殺す、という点をクローズアップして成功した前作『影牢 〜刻命館 真章〜』を踏襲し、トラップの種類やゲームモードを増やしてパワーアップさせたのが本作である。今作では、トラップ一つ一つにレベルが設定されたり、付加効果を与えるアイテムであるリング類が導入されたため、「トラップがヒットした際、侵入者が何マス吹き飛ばされるか」「トラップが侵入者に当たった時貫通するか否か」等を細かく設定することが可能になった。ゲームの基本はそのままにより柔軟にコンボを組み立てられる等、前作を遊んだプレイヤーも十分に楽しめる。売り上げ本数は約5万9千本。

ゲームモード編集

ストーリー
今作のストーリーを進めるメインモード。一周目ではこれを進めることで新たなトラップやエンブレムを入手することができる。
トラップライセンス
初心者用のトレーニングモード。レッスンにしたがってこのゲームについて練習できる。Sランクのライセンスを取得すると「サウンドテスト」が選べる。
フリートレーニング
トラップや部屋の仕掛けなどを自由に試すことができる練習・実験モード。トラップを使わない限り敵はまったく動かず、攻撃もしかけず、体力もゼロにはならない。
エキスパート
全100問からなるステージをクリアする一種のパズルモード。制限時間内に「敵を倒す」「特定の位置まで移動させる」「一定のArk以上を稼ぐ・それ以内で敵を倒す」などのクリア条件を満たしていくモード。10問単位で出題される。さまざまなコンボを決める必要があるため全体的に難易度は高いが、100問クリアすると特別なリングを手に入れられる。
その他
開発したトラップを閲覧する刻銘鑑がある。また、トラップライセンスでSランク検定に合格するとBGMや効果音などが聞けるサウンドテストが現れる。

トラップ編集

前作『影牢』と大きく異なる点の一つがトラップ開発である。前作ではツリー形式であったが、本作では、ベースサークルと呼ばれる基本トラップ10種にさまざまな属性を持たせる9種のエンブレム、トラップ起動を助ける6種のリング、トラップの性能を強化するオーブを付与することでトラップを開発・強化できる(基本的なトラップの仕組みは影牢#トラップおよび刻命館シリーズの罠一覧を参照のこと)。ただし、エンディング後に入手できる6種のスペシャルトラップはエンブレムやオーブをつけることはできない。ベースサークル・エンブレム・リングはストーリーを進めることで自動的に入手できる。二周目以降は手に入れたベースサークル・エンブレム・リング、開発済みトラップをそのまま利用できる。

また、コンボを決めれば前作と同様にArkが入手できるが、本作では獲得Arkがそのままトラップ開発費になるのではなく、Dreakという数値に換算されたものが開発費になる点にも注意が必要である。二周目以降はDreakも持ち越すことができる。

ベースサークル編集

ゲームを進めると使用できるものが増える基本トラップ。エンブレムをつけなくても使用できる。

メガロック(天井)
巨大な岩。階段で転がせる他、壁系トラップで転がすこともできる。一部の敵には回避される。
ペンデュラム(天井)
振子刃。ヒットすると対象を強制移動させる。倒れている敵にはヒットしない。
カビン(天井)
花瓶。ヒットするとふらふらと前方へ歩く。コンボを組む上で欠かせないトラップ。
プッシュウォール(壁)
壁が出てきて侵入者を強制移動させる。レベルが上がると弾き飛ばすようになる他、ロック系トラップを押すこともできる。
マグネットウォール(壁)
磁力の壁。効果範囲内の対象を設置地点まで引き寄せて拘束する。一部の敵には効果が無い。
アロースリット(壁)
矢が一直線に飛んでいく。レベルが上がると矢の数が増えるが、Ark倍率が低くなる。
スプリングフロア(床)
床が跳ね上がって侵入者を強制移動させる。一部の敵には回避される。
バキュームフロア(床)
磁力の床。侵入者を設置地点まで引き寄せる。一部の敵には効果が無い。
ブラストボム(床)
爆発。強制移動の他、油まみれの敵に着火させる事もできる。一部の敵には効果が無い。
ベアトラップ(床)
トラバサミ。対象を一定時間拘束する。コンボを組む上で欠かせないトラップ。一部の敵には効果が無い。

エンブレム編集

ゲームを進めると使用できるものが増える。新トラップの開発に必要。

ファイアーエンブレム
火の属性がつく。爆発による強制移動やへの引火ができる。なお、このエンブレムで作られるトラップは2段ヒットになる事が多い。
サンダーエンブレム
雷の属性がつく。攻撃力が高く、放電によってダメージを与えることもある。
コールドエンブレム
氷結の属性がつく。対象を凍らせ、長時間行動不能にすることができる。
インパクトエンブレム
衝撃の属性を表す。対象を貫通したり、強制移動の力を強化できる。
カオスエンブレム
混沌の属性を表す。異形のトラップを生み出す。
カースドエンブレム
呪いの属性を表す。相手をさまざまな状態異常に陥れる。
ライジングエンブレム
上昇の属性を付与する。トラップや相手を上へ跳ね上げる。
スレイブエンブレム
制御の属性を付与する。トラップやトラップにかかった相手を自由に操ったり、ボタン連打で攻撃力を上げることができる。なお、操っている間はプレイヤーの操作はできないので注意が必要。
ヘルエンブレム
魔神の属性を表す。攻撃力が高く、防御力を無視するトラップができる。一周目には使用できない隠しエンブレム。

リング編集

ゲームを進めると使用できるものが増える。トラップの強化に使われる。

チャージリング
チャージタイムを減少させる。チャージタイム2~4秒なら-1秒、5~8は-2秒、9以上は-3秒する。
サモンリング
一定時間、周囲4ブロック以内の敵をトラップに引き寄せる。効かない敵も少なくない。
タイマーリング
トラップ設置後、一定時間自動的にトラップが起動するようになる。その後は普通に起動することになる。
オートリング
トラップの範囲に相手が侵入すると自動的に起動する。エキスパートモードの一部の問題では必須。
ダメージリング
トラップのダメージを1.2倍にする。ただし、防御力無視トラップには効果がない。
ゼロリング
トラップのチャージ時間を1秒にする。隠しリングの上、付与するには莫大なDreakが必要。

隠しトラップ編集

以下のトラップは条件を満たしてエンディングを見ると使用できる(開発不要)。なお、エンブレムやリングをつけることはできず、オーブによる強化もできない。

トゥームストーン
墓石が落ちてくる。これでHPをゼロにすると非常に高いArk倍率がかけられる。
バラクーダ
巨大な魚が落ちて侵入者の頭にかぶりつくカビン系トラップ。ダメージ・効果時間・Ark倍率共に高い。
テレポーター
敵ではなく、プレイヤーに使用するトラップ。使用するとレイナを別のトラップを設置したところにワープさせる。
サツジンゴマ
巨大な独楽が壁に沿って反射する。移動速度も攻撃力も高いが自分が巻き込まれる危険性もある。
バナナノカワ
バナナの皮。ジョーク系トラップ。ダメージは低いがArk倍率が高い。
デルタホース
三角木馬。ジョーク系トラップ。侵入者の股間を直撃するため、命中した相手は痛みで悶絶してダウン時間が延びる。効果は男女問わない。

コンボ編集

コンボに関してもいくつかの変更点がある。まず、最大コンボ数が10Hitから15Hitまで拡大された点である。前作では地形トラップは、全て複数使用してもArk計算に組み込まれたが、本作では一部を除いて複数回ヒットさせてもArk計算に組み込まれなくなっている。これは使いやすい地形トラップが増えたことによる永久パターンを防止するためと思われる(事実、使い捨ての仕掛けやコンボに組み込むのが難しいものは複数ヒットしても計算に組み込まれる一方、自分で設置するものと地形とを往復させるだけで敵を倒せるような地形トラップは重複計算されない)。

そして、本作では体力が0になった敵にも死亡時のムービーが発生するまでコンボを決め続けられる点である。無論、それもヒット数やArk計算にカウントされる。ただし、体力がゼロになった場合、最後のトラップをヒットさせてから2秒弱でムービーが発生してしまうので、かなりの練習と計算が必要になる。このことから、Ark計算が以下のように簡略化された。

累積ダメージ×トラップの累積Arkレート(+リンクトラップボーナス)×テクニカルボーナス

Ark計算の基本は影牢#トラップを参照のこと。なお、本作ではバージントラップがカットされ、すばやく次のトラップをヒットさせると与えられるラピッドチェインコンボ(1.5倍)が加わっている。

登場人物編集

レイナ(萩原えみこ
本作の主人公。農家の養女。17歳の誕生日人攫い組織AUOによってアレンダル島に誘拐され、トラップを操る力を得る。
アルベルト(声:岸尾大輔
アレンダル王国の反国王派の指導者。トラップの秘術を扱える。
マルコ(声:岸尾大輔)
アルベルトの弟。捕らえられたレイナにトラップを操れるよう手助けした。彼女を母のように慕う。
クリスティーナ(声:夕城千佳
レイナをさらったAUOのボス。前向きで建設的な性格の彼女が人攫い組織の首領をしているのは、ある人物に洗脳されたため。
セシリア(声:夏樹リオ
王妃直属の諜報部隊である王妃親衛隊のリーダー。子供時代に生き別れたレイナの姉。
ミゲル(声:立木文彦
AUOの幹部。人を殺すことにためらいの無い残忍な男。
マルガリータ
アレンダル王妃。権力志向が強く、国王に対するクーデターを企てている。
フレデリック
99代アレンダル国王。庶子であったが義兄の死によって国王となる。強欲でわがままで女好き。

用語解説編集

時空石
7つのガード石とコアからなる秘石。天使と悪魔が対になりコアを支え持つような形をしており、手にした者は時の流れを自由に行き来できるようになる。ガード石には一つにつき1日の延命効果があるが、効力を引き出した時点で崩れ去ってしまう。
トラップ
謎の赤い石に触れることで使えるようになる呪いの秘術。使用者の精神力を削っていき、使い続ければやがて衰弱して死に至る。人を倒すことで他者の命を代替にできるが、それも一時凌ぎにすぎない。
魔神
刻命館、影牢におけるストーリーの根幹を担っていた破壊の権化。今回はヘルエンブレムとしての登場に留まり、その姿を見ることはできない。

関連書籍編集

蒼魔灯 究極罠全書(delic編著・メディアファクトリーISBN 4-8401-0038-1
全てのトラップを公開している。また、エキスパートモードの攻略法も全て掲載されている。
蒼魔灯 公式攻略ガイド(電撃Playstation特別編集・メディアワークス発行) ISBN 4-8402-1427-1
あまり語られていないストーリーの裏側を紹介している。侵入者のステータスも詳細だが、隠しトラップは非公開。エキスパートモードの攻略は難易度の高いもののみ掲載している。

外部リンク編集