蓮華寺 (京都市右京区)

蓮華寺(れんげじ)は、京都市右京区にある真言宗御室派の別格本山の寺院山号は五智山(ごちさん)。本尊は阿弥陀如来キュウリに疫病を封じ込め、病気平癒を祈願するきゅうり封じの法要で知られる。

蓮華寺
Rengeji Ukyo-ku Kyoto Japan01s3s4500.jpg
不動堂
所在地 京都府京都市右京区御室大内20
位置 北緯35度1分45.76秒 東経135度42分56.25秒 / 北緯35.0293778度 東経135.7156250度 / 35.0293778; 135.7156250
山号 五智山
宗派 真言宗御室派
寺格 別格本山
本尊 阿弥陀如来
創建年 天喜5年(1057年
開基 藤原康基
後冷泉天皇(勅願)
別称 五智山
札所等 近畿三十六不動尊第15番
公式HP 五智山蓮華寺
法人番号 1130005002201 ウィキデータを編集
テンプレートを表示
五智如来石像

歴史編集

天喜5年(1057年)に後冷泉天皇の勅願により、藤原康基が広沢池の近くに開創し、やがて仁和寺の奥の院とされた。その後、応仁の乱の兵火に遭い、寺地を鳴滝音戸山の山上に移し、長い荒廃の時代が続いた。

伊勢国生まれの江戸の豪商出身の常信(樋口平太夫家次)が寛永18年(1641年)に再興し、仁和寺の覚深法親王から「五智山蓮華寺」の寺号を改めて安堵された。今日も境内にその姿を見ることが出来る五智如来石像(大日如来阿弥陀如来釈迦如来宝生如来薬師如来)も、この際に、常信が木食僧坦称に依頼して作成させたものである。

1928年昭和3年)、仁和寺の東隣である現在地に寺地を移す。1958年(昭和33年)、五智如来石像をはじめとして、音戸山に残されて離散・損傷していた石仏群を収集・修復して境内にあらためて祀った[1]

境内編集

  • 本堂 - 2015年平成27年)再建。
  • 庫裏
  • 不動堂
  • 五智如来石像(大日如来、阿弥陀如来、釈迦如来、宝生如来、薬師如来)
  • 十一坐像石像 - 11体の石仏。
  • 鐘楼
  • 山門

御詠歌編集

つみとがも やきほろぼさん ちかいにて ほのほのなかに たちませるみを[2]

交通アクセス編集

周辺編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 「歴史」の節は次のウェブサイトによった。蓮華寺について”. 五智山蓮華寺. 五智山蓮華寺. 2014年6月22日閲覧。
  2. ^ 第15番 蓮華寺”. 近畿三十六不動尊霊場会. 近畿三十六不動尊霊場会. 2014年6月22日閲覧。

外部リンク編集