蓮華院 (徳川家康側室)

蓮華院(れんげいん、天正14年(1586年) - 正保4年9月11日1647年10月8日))は、徳川家康側室。後に下野国小山藩主・本多正純継室。名は(お梅の方)。父は豊臣家家臣である青木一矩。家康の外祖母である華陽院は叔母にあたる[1]

生涯編集

天正14年(1586年)、豊臣家家臣である青木一矩の娘として生まれる。

慶長5年(1600年)、徳川家康の外祖母にあたる華陽院の縁戚であったことから、華陽院の姪という名目で15歳で奥勤めとなり、当時59歳であった家康の側室となる[1]。後に下野国小山藩主・本多正純の継室となった。元和8年(1622年)に夫・正純が宇都宮釣天井事件により出羽国横手にて幽閉の身となった際に梅は尼となり梅香尼と名乗り諸国を転々とする。

正保4年9月11日、伊勢国山田(現在の伊勢市山田)にて没する。享年62。戒名は蓮華院窓譽梅香大姉。墓所は同地にある梅香寺。同寺は梅香尼の檀那たる因縁により、蓮華院梅香寺と号している[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 秋元茂陽『徳川将軍家墓碑総覧』(パレード、星雲社2008年、p74)

参考文献編集

  • 秋元茂陽、「側室 お梅の方」 『徳川将軍家墓碑総覧』 星雲社、2008年、70頁。ISBN 9784434114885