蔡 東生(さい とうせい)は、日本工学者筑波大学システム情報系准教授[1]。研究分野は通信・ネットワーク工学航空宇宙工学教育工学、超高層物理学。クラスタ、並列計算、大規模シミュレーション、宇宙気象シミュレーション、仮想サテライト、非線形科学、フラクタル、カラーサイエンス、芸術とメディア/CG、宇宙観測ナノテクノロジー、共感覚に関する研究を行っている。[1][2]

学歴編集

1989年3月に東京大学大学院修了、工学博士。1989年12月にスタンフォード大学大学院修了、Ph. D(工学)。

現職編集

2007年から筑波大学准教授。

受賞編集

出典:[1]

  • 1997年度
    • コニカ画像奨励賞
  • 2001年度
    • ビジュアルテクノロジーシンポジウム優秀作品賞
    • ビジュアルテクノロジーシンポジウム佳作
  • 2002年度
    • ビジュアル・サイエンス・フェスタ2002 優秀賞
    • 日本ディスタンスラーニング学会第3回学術講演会ベストプレゼンター賞(共著)
  • 2003年度
    • 第19回NICOGRAPH論文コンテスト論文集審査員特別賞
    • Loreal Art and Science Color Prize Finalist
    • ビジュアルテクノロジーシンポジウム佳作
    • ビジュアルテクノロジーシンポジウム優秀作
  • 2004年度
    • Honary Banquet Talk at e-Agenda
  • 2008年度
    • Voir l’invisible先端可視化101に選定
    • Roberval Award Nomination
  • 2009年度
    • 第25回 NICOGRAPH 論文コンテスト論文集優秀論文賞受賞
    • Who’s Who in the World
    • Oscar Buneman Award
  • 2010年度
    • 自然に学ぶものづくり 研究助成プログラム
  • 2011年度
    • 大川情報通信基金助成金
    • 財団法人電気通信普及財団 平成22年度研究調査助成
  • 2019年度
    • フランス国立科学研究センター80周年記念可視化賞優れた可視化作品に対する賞

著書編集

出典:[1]

  • 『数値解析入門』1989年1月
  • 『Kineitc Kelvin-Helmholtz Instability in a Magnetic FIeld』Center for Digital Inovation, UCLA 1989年12月
  • 『Mathematica―理工系ツールとしての (アジソン ウェスレイ・トッパン情報科学シリーズ)』トッパン、1991年11月 ISBN 978-4810180367
  • 『マルチメディアフラクタル画像圧縮 (AKピータース・トッパン数理科学シリーズ) (日本語) 』 トッパン、1995年3月 ISBN 978-4810189032
  • 『Interactive Multimedia Education at Distance— Linear Algebra』Center for Digital Inovation, UCLA 2000年1月
  • 『voir l'invisible (仏文)』omniscience、2007年1月

出演編集

出典:[3]

  • 「ニュースな晩餐会」(2014年11月23日、フジテレビ)
  • 「新報道2001」(2016年7月、フジテレビ)
  • 「ららら♪クラシック」(2016年10月、NHK)
  • 「情報プレゼンター とくダネ!」(2016年11月18日、フジテレビ)

脚注編集

  1. ^ a b c d 蔡 東生(サイ トウセイ; Cai, Dongsheng) | TRIOS”. trios.tsukuba.ac.jp. 2020年4月29日閲覧。
  2. ^ ホーム : CAVELab ビジュアルサイエンス研究室”. www.cavelab.cs.tsukuba.ac.jp. 2020年4月29日閲覧。
  3. ^ 蔡 東生 - Researchmap”. 2020年4月29日閲覧。