メインメニューを開く

蔵預かり切手(くらあずかりきって)とは、大坂などの蔵屋敷から発行された在庫の保管証明書のこと。

代表的なものに蔵米切手が挙げられるが、他にも豊後国岡藩の「大豆切手」や備前国岡山藩の「繰綿切手」、他にも砂糖干鰯藍玉生蝋小麦などの切手が存在した。当初は保管証明書でしかなかったが、後に転売が可能となり為替の代用品として流通するようになった。明治4年(1871年)に明治政府によって廃止されるまで商人間の代金支払などに広く用いられた。

関連項目編集