コムギ

イネ目イネ科の植物

コムギ(小麦、英: Wheat)はイネ科コムギ属に属する一年草植物。一般的にはパンコムギ学名: Triticum aestivum)を指すが、広義にはクラブコムギ(学名: Triticum compactum)やデュラムコムギ(学名: Triticum durum)などコムギ属(学名: Triticum)の植物全般を指す。世界三大穀物のひとつで、小麦粉にされパン麺類菓子などの主な材料となる。

コムギ属
コムギ
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 単子葉植物 Monocots
階級なし : ツユクサ類 Commelinids
: イネ目 Poales
: イネ科 Poaceae
亜科 : イチゴツナギ亜科 Pooideae
: コムギ連 Triticeae
: コムギ属 Triticum
学名
Triticum L.
英名
Wheat

本文参照

他の三大穀物と同じく「基礎食料」であり、各国で生産された小麦は、まず国内で消費され、剰余が輸出される。主要な輸出国はロシアアメリカカナダオーストラリアウクライナである。

人類は紀元前1万5千年~紀元前3千年ころに栽培しはじめ、現在世界でも特に生産量の多い穀物のひとつであり、世界の年間生産量は約7.3億トンである。これはトウモロコシの約10.4億トンには及ばないが、の約7.4億トンにほぼ近い(2014年)。

野生の小麦
小麦の栽培。コムギ畑(イスラエル
コムギの穂
収穫期が近づいたコムギ
グライフスヴァルト大学にある植物学博物館内のコムギの実の断面模型

生態編集

コムギは播種時期によって秋播き小麦と春播き小麦の2つの品種群に分かれる。秋播き小麦は発芽するのにある程度の低温期間が継続する春化を必要とするため、秋に種をまいて越年させ、春に発芽し夏に収穫するのが基本形である。低温が必要なため、やや寒冷な地域では秋播き小麦が主に栽培される。一方春播き小麦は春に播いて、夏の終わりに収穫するのが一般的である。春播き小麦は、寒さが激しく種が冬を越せない地方や、逆に冬に低温にならず春化のできない温暖な地域、さらに本来の収穫期に雨季を迎え収穫が困難になるような地域で栽培される[1]

コムギの実は硬い外皮に覆われ、その中に可食部である胚乳と、胚芽が存在する。この3部分の割合は外皮が13.5%、胚乳が84%、胚芽が2.5%である[2]。主に食用とするのは胚乳部分であり、製粉して小麦粉とするのはこの部分である。果皮(「ふすま」および「ブラン(bran)」と呼ばれる[3])や胚芽部分も食用とすることはできるが、食味に劣るうえ小麦粉に混入すると品質が劣化しやすくなるため、一般的な小麦粉に使用することはない。しかし、ふすま部分には独特の風味と食物繊維など有用成分があるため、販売されることもあるほか[4]、これを取り除かずそのまま粉にした全粒粉も存在する。

コムギのゲノム解読は、2018年に完了している。64か国の610機関で構成する「国際コムギゲノム解読コンソーシアム」には、日本からは農研機構京都大学などが参加した[5]

分類編集

クロンキスト体系によるコムギ属の分類編集

生物的分類編集

コムギ属 Triticum は、1小穂の稔実粒数、染色体数、ゲノム構成によって以下のように分けられる。

種類編集

小麦は栽培時期等によって以下のように区別される。

  • 播種時期 - 春播き小麦、秋播き小麦:コムギは秋播きが本来の作型であるが、低温要求性が小さい品種が作られ、それらが春播き小麦として利用されている。
  • 粒の色 - 赤小麦、白小麦
  • 粒の硬さ - 硬質小麦(強力粉、パン、麺類の材料)、中間質小麦(中力粉の材料)、軟質小麦(薄力粉、菓子類等の材料)

歴史編集

世界編集

ユーラシア大陸中部のコーカサス地方からメソポタミア地方にかけてが原産地と考えられている。野生1粒系コムギの栽培は紀元前8400年頃に始まった。その後1粒系コムギはクサビコムギAegilops speltoidesと交雑し2粒コムギになり、さらに紀元前5500年頃に2粒系コムギは野生種のタルホコムギAe. squarrosaと交雑し、普通コムギT. aestivumが生まれたといわれる[6]

コムギの栽培はメソポタミア地方で始まり、紀元前3000年頃にはヨーロッパ全域やアフリカ地中海沿岸、地中海世界)に伝えられた[7]テル・アブ・フレイラなどから採掘された古代の野生種ムギはもともと成熟すると麦穂が風などにより容易に飛び散る性質を持っており、当初のコムギも収穫には非常に手間のかかる作物であったと考えられている。このため、その貴重さと保蔵のしやすさから一種の交換の媒体、通貨として取り扱われていたのではないかと推測されている。シリア地方からヨーロッパなどに栽培の範囲が広がるにつれて品種淘汰がなされ、この種子の飛び散りやすさの特性が失われ、主食穀物としての座を獲得することになった。栽培植物化の時期はオオムギの方がやや早く、当初はオオムギの方が重要な作物であった。これは、オオムギの収量の多さや収穫時期の早さ、粒の大きさなどによる。また、この時期はコムギもオオムギもとして煮て食べるものであったため、調理方法の差が重要となることはなかった。しかし、製粉技術が進歩し石臼が登場すると、粉食により美味さが増し、グルテンを持ち様々な料理へと加工することが容易なコムギがオオムギに代わって最重要の作物となっていった。製粉のための水車を「人類初の機械」の発明とする説もある。

聖書の冒頭の書である『創世記』(30章14節)にすでに小麦が登場する。その他の書にも頻繁に「麦」や「小麦」が登場し、重要な作物であったことがわかる。

中国大陸への小麦の伝来は四千年前頃(紀元前二千年ころ)で、粉食用として広く栽培される様に成ったのは三千年前頃(紀元前千年ころ)である。これは小麦が冬作物で、)の端境期に収穫されたためで、七千年前から栽培が行われていた大麦とは対照的である[8]

中世にはヨーロッパでは既にコムギが最も重要な作物となっていたが、特に農民や下層の都市住民にはコムギだけで作られたパンは贅沢品であり、オオムギやエンバクライムギといった安価な穀物が食生活の中心となっていた[9]。一方で栽培されるコムギにおいても、パンコムギはエンマーコムギやスペルトコムギよりも優勢であり、より高く評価されていた。パンコムギには易脱穀性があり、難脱穀性のエンマーコムギやスペルトコムギに比べ脱穀の手間が少なかったためである[10]

大航海時代に入ると、新大陸に移住したヨーロッパ人植民者たちが故郷からコムギを持ち込んで栽培し、新大陸においても基幹食料となっていった。アメリカ合衆国カナダオーストラリアといった現在のコムギ主要生産国にコムギが持ち込まれたのもこの時期のことである。また、18世紀頃からヨーロッパでは徐々に市民の生活が向上し、また農法の改善や生産地の拡大によってコムギ生産が拡大するとともにコムギが食生活の中心となっていき、量の面でもライムギにかわってコムギが中心となっていった[11]

20世紀後半、ノーマン・ボーローグらによる小麦農林10号を親としたコムギの短稈種の研究が進められ、肥料を多量に使用しても丈が高くならず、倒伏の危険なしに大量の収穫が見込める品種が次々と開発された。この研究から緑の革命がおこり、これによって多収量の上安定した収穫が望める新品種が発展途上国を中心に普及し、メキシコなど多くの発展途上国でコムギは大幅な増収となり、生産性も大幅に改善された[12]。その一方、旱魃など災害による地域的な不作もなくなってはいない。

日本編集

中国大陸経由で伝来されたと考えられている日本でも約2000年前の遺跡から小麦が出土しており、伝わったのはそれから遠くない弥生時代であると考えられている。奈良平安期には五穀の1つとして重視された(『和名類聚抄』には「古牟岐(コムギ)・末牟岐(マムギ=「真麦」)」の名で伝わる)[13]。一方で収穫前の大麦・小麦の青草を貴族や有力豪族が農民から買い上げて馬の飼料にすることが行われ、当時の政府がこれを禁止する太政官符が度々発令(751年、808年、819年、839年)されており、稲や粟と比較して食用作物としての認識が十分に広まっていなかったとする見方もある。ただ、これには当時の日本に製粉用の石臼がほとんど普及していない、という事情があった。柔らかい胚乳が硬い表皮で覆われた構造の麦粒を食用にするには、全体をひき潰してから小麦粉とふすまに分離する必要がある。回転式の石臼を持たない庶民は、搗き臼を使っての非効率な製粉作業に甘んじるしかなかった。その手間を嫌い、手早く利益を得る方法として小麦を飼料用に販売したとも考えられる。それ以降もコムギは全国で栽培され続けたが、製粉技術が未発達だったために使用法が限定されていた。それでも鎌倉時代にはいって二毛作が始まると、稲の裏作作物としてコムギが採用され、室町時代に入ると米に比べてムギの税率が軽かったために裏作でのコムギの栽培量が急速に増加した[14]

日本では製粉技術の発達が遅れたため、小麦その他「粉」を使用した食品は長らく贅沢品とされた。庶民がうどん饅頭ほうとうすいとんなどの粉食品を気軽に口にできるようになったのは、石臼が普及した江戸時代以降である。稲の裏作として麦の生産が盛んに行われるようになり、粒のまま食べるオオムギと粉にして食べるコムギがともに食用として栽培された。都市では小麦粉を使用したうどんや天ぷらといった料理や饅頭などの和菓子の消費が大きくなる一方、自家消費の割合の大きい農村では製粉という手間のかかるコムギは日常ではなかなか口にできるものではなかった。このため、コムギなどの粉食はハレの日の料理として扱われることが多かった。

明治時代に入り、欧米からパンなど様々なコムギ料理が伝わってくるとコムギの消費も増大した。明治時代初期には36万ヘクタールだった栽培面積は、大正時代には50万ヘクタール、最も栽培面積の大きくなった第二次世界大戦中には70万から80万ヘクタールにのぼるようになった。第二次世界大戦後には学校給食がはじまり、パン主体の給食と食の欧米化、多様化はコムギの消費をさらに拡大させた。一方で、アメリカなどから安いコムギが大量に入ってくるようになったことや二毛作自体の衰退、そして1963年の三八豪雪と夏の多雨により小麦生産が大打撃を受けたことにより、栽培面積は急速に減少して、1963年には栽培面積60万ヘクタール、自給率20%前後だったものが、1973年には栽培面積は7.5万ヘクタールにまで減少し、自給率はわずか4%となった[15]。その後、減反政策によってコムギの生産が奨励され、生産はやや復調傾向にある[16]。2005年には栽培面積は21万ヘクタール、自給率は14%となっている[15]

用途編集

 
様々なコムギ食品

収穫された種子は基本的には製粉して小麦粉として使われる[17]

初期のコムギはのようにして食べられていたが、穀粒が硬く軟らかくするのに長時間加熱しなければならなかったこと、小麦粉の生地には特有の粘りと弾力性があり食感が好ましかったこと、表皮のふすま(麩・麬=コメでいう)が硬いため取り除こうとすると内側の胚乳部が砕けてしまうことから粉食が基本になった[17]

コムギはたとえば次のような食品の主要な材料となっている。 一旦小麦粉にしてから使う用途は次のような食品である。

ブルグルは小麦を挽き割りにしたものである。


品質が劣るものや製粉の際に出るふすまは家畜の飼料となる。ふすまは、セルロースなど不溶性食物繊維を豊富に含むことが着目され、朝食用シリアル等にも用いられるようになった。また、コムギの胚芽にはが含まれ、食用の小麦胚芽油をとることができる。

なおアメリカ合衆国では、生産量の50%が輸出、36%が食料、10%が飼料、4%が種付の用途となっている[18]

生産・貿易編集

生産編集

 
世界の小麦生産図
 
アイダホ州のコムギ畑
 
収穫され積まれるコムギ
 
袋に入れられるコムギの実

コムギは、温帯から亜寒帯にかけて栽培されている。比較的乾燥に強く、生産限界は年間降水量400 mmである。灌漑設備が整っている場合は、さらに乾燥した地域でも栽培できる[19]

地域別ではアジア州が4割強、ヨーロッパ州が3割強、北アメリカ州が1割強となる。国際連合食糧農業機関の統計資料 (FAOSTAT) によると[20]、2006年の世界生産量は6億0595万トン。これは米の生産量(6億3461万トン)に匹敵する。トウモロコシ(6億9523万トン、2006年)についで生産量の多い農作物である。上位5位までの生産国、すなわち、中華人民共和国インド、アメリカ合衆国、ロシア、フランスで総生産量のちょうど5割を生産している。

コムギの反収は、国によって大きな差がある。2012年の10アール当たりの反収は、集約型の農業が行われているヨーロッパでは、フランスが760 kg、ドイツが733 kg、イギリスが666 kgと非常に多収である[21]。日本では411 kgであり、ヨーロッパ諸国の3分の2程度である[22]。これは、日本では、本州以南では、水田稲作の裏作として副次的に作付されることが多く、コムギに最適な土壌管理等がなされにくいこと、また、北海道以外では、コムギの登熟期が梅雨にかかってしまい、収穫量や品質に重大な影響をあたえることがしばしばあるためである。なお、コムギの大生産国であるアメリカ合衆国では311 kg、オーストラリアでは215 kgと反収は低い。カザフスタンに至っては79 kgと、主要な生産国の中では最低レベルである[21]。こういった国々では反収の低さを農園の広大さで補い、粗放栽培型の農業が行われている。ちなみに、コムギにおいては反収は先進国発展途上国の間に明確な差は見られない。エジプトや、1980年代から1990年代にかけてのジンバブエ(ジンバブエ政府の政策により、2000年代には350 kg前後にまで激減した)のように10アール当たりの反収が550 kgから650 kgにものぼり、世界最高水準に達している途上国もある一方で、ロシアの反収は177 kgと、フランスの4分の1未満にすぎない[21]

日本の生産量は、86万300トン(2005年)、うち北海道での生産が全体の65%を占める。世界的に問題となる生育期の降水量に関しては、本州以南も申し分ないが、逆に、本州の多くでは、収穫期に梅雨入りしてしまい、コムギの収量・品質に多大な影響を与えてしまうため、国内では梅雨がない北海道が、栽培に適するためである[23](熟したコムギは水分を得ると発芽する〈穂発芽〉。穂発芽を起こしたコムギの値段は一気に下がる[23])。 国内の栽培品種についても、梅雨の存在が影を落としている。とりわけ東北南部以南では、水田における裏作として伝統的に栽培されてきた、登熟が早く、収穫期の多湿多雨に比較的強い、うどん等の在来麺類向けの品種が専ら生産され、パン向けは国内生産の半分に満たない。これは、パン向けのコムギは、特に収穫期の高温多湿多雨に弱いため、国内では品質・収量ともに安定的な生産が難しく、農家が敬遠する傾向があるため[23]である。しかし、近年のコムギ国際価格の高騰と、製パン向けの国内産小麦に対する根強い国内需要があることから、パン向けの品種改良や、数少ない国内産のパン用小麦の争奪戦がおこなわれている。

小麦の国別生産量(2006年)
国名 順位 生産量 比率
  中華人民共和国 1 1億447万トン 17.2%
  インド 2 6935万トン 11.4%
  アメリカ合衆国 3 5730万トン 9.5%
  ロシア 4 4501万トン 7.4%
  フランス 5 3537万トン 5.8%
  カナダ 6 2728万トン 4.5%
  ドイツ 7 2243万トン 3.7%
  パキスタン 8 2128万トン 3.5%
  トルコ 9 2001万トン 3.3%
  イギリス 10 1474万トン 2.4%
  イラン 11 1450万トン 2.4%
  アルゼンチン 12 1400万トン 2.3%
  ウクライナ 13 1400万トン 2.3%
  カザフスタン 14 1350万トン 2.2%
  オーストラリア 15 982万トン 1.6%

貿易編集

コムギの輸出入 トップ10ヶ国
(2017年、百万トン、FAO統計)[24][25]
輸出 輸入
  ロシア 33.0   インドネシア 10.5
  アメリカ合衆国 27.3   エジプト 10.2
  カナダ 22.1   アルジェリア 8.1
  オーストラリア 22.0   イタリア 7.4
  ウクライナ 17.3   バングラデシュ 6.9
  フランス 15.2   スペイン 6.2
  アルゼンチン 13.1   ブラジル 6.0
  ドイツ 7.9   日本 5.7
  ルーマニア 5.7   ナイジェリア 5.7
  カザフスタン 4.2   フィリピン 5.5

コムギは最も貿易量が多い穀物である。2017年時点の総輸出量は1億9679万トン、総輸入量は1億9135万トン[注 1]。例えばトウモロコシの総輸出量は1億6125万トン、米は4452万トンに過ぎない。

主な輸出国はロシア3303万トン (16.8%)、アメリカ合衆国2730万トン (13.9%)、カナダ2206万トン (11.2%)、オーストラリア2199万トン (11.2%)、ウクライナ1731万トン (8.8%)、フランス1522万トン (7.7%)、アルゼンチン1310万トン (6.7%) の順であり、この年間輸出量1000万トンを超す7か国で全輸出量の3/4を占める。近年(2009年-2019年)の輸出順位上位5カ国は、アメリカ合衆国(10カ年平均輸出量 2627万トン/年)、ロシア(同 2285万トン/年)、カナダ(同 2060万トン/年)、フランス(同 1883万トン/年)、オーストラリア(同 1686万トン/年)の順であり、ロシア他、ウクライナ、カザフスタンなど旧ソ連地域や東欧諸国の輸出の伸びが大きい。

一方、近年(2009年-2019年)の輸入順位上位5カ国は、エジプト(10カ年平均輸入量 1037万トン/年)、インドネシア(同 772万トン/年)、アルジェリア(同 712万トン/年)、イタリア(同 709万トン/年)、ブラジル(同 624万トン/年)の順である。なお、同期間の日本の平均輸入量は563万トン/年であり、主な輸入相手国は、アメリカ合衆国 (54.8%)、カナダ (28.9%) 、オーストラリア (16.2%)である[26]

コムギは国際的な商品先物取引の対象商品であり、国際取引指標シカゴ商品取引所 (CBOT)において形成される。また、 ユーロネクストにおいても取り扱われている。

日本に輸入される小麦の銘柄としては以下のようなものがある[27]

  • アメリカ合衆国
    • ( 硬質小麦)
      • ハード・レッド・ウインター小麦(HRW)
      • ハード・レッド・スプリング小麦(HRS)
      • ダーク・ノーザン・スプリング小麦(DNS)
      • ノーザン・スプリング小麦
      • ソフト・レッド・ウインター小麦(SRW)
    • (軟質小麦)
      • ソフト・ホワイト小麦(SWW)
      • ウェスタン・ホワイト(WW)
      • ホワイト・クラブ小麦
  • カナダ
    • カナディアン・ウェスタン・レッド・スプリング小麦(CWRS) - 硬質小麦
  • カナダ及びアメリカ
    • デュラム小麦
  • オーストラリア
    • オーストラリア・スタンダード・ホワイト小麦(ASW) - 中間質小麦
    • オーストラリア・プライム・ハード小麦(APH) - 硬質小麦

日本において編集

流通関連の法規制編集

日本国内において、麦(小麦・大麦はだか麦)は食糧法により価格統制が存在する。輸入小麦の政府への売渡価格については2007年4月、年間を通じて固定価格であった「標準売渡価格制度」が廃止され、新たに「相場連動制」が導入された[28]。小麦価格には穀物取引量が世界最大のシカゴ商品取引所の相場が影響する。

食糧法第三章により、麦は政府の価格統制が存在する。

(麦等の輸入)

第四十五条 麦等の輸入を行おうとする者は、国際約束に従って農林水産大臣が定めて告示する額に、当該輸入に係る麦等の数量を乗じて得た額を、政府に納付しなければならない。ただし、次に掲げる場合は、この限りでない。
一 第四十二条第五項において準用する第三十条第二項の規定による政府の委託を受けて輸入する場合
二 第四十三条の規定による連名による申込みに応じて行う政府の買入れ及び売渡しに係る麦等を輸入する場合
三 国内の需給及び価格の安定に悪影響を及ぼすおそれのないものとして政令で定める麦等を輸入する場合

政府麦編集

四十二条により、政府は麦等の輸入を目的とする買入れを行うことができる(政府麦)[29]

日本政府は、商社が輸入した小麦を購入した上で、政府売り渡し価格を製粉会社に提示、引き渡す制度になっている。製粉会社は、マークアップと呼ばれる上乗せ金 16,868円/tを政府に、拠出金 1,530円/tを、農水省OBが中心の組織、製粉振興会に支払うことで、原料を購入することができる。売り渡し価格は、年3回(現行年2回)、10%程度の増減幅で見直されているが、上記の情勢や天候に大きく左右されれば国際価格に影響を受ける。

2006年頃から上昇傾向にあった小麦価格は、2007年には主にオーストラリアでの大規模な不作によって小麦価格が高騰、それに伴い政府価格も改定し[30]、パンや焼きそばなど小麦粉を使う製品の値段が上昇した。2008年10月には、売渡価格が20%値上げされるほか、2009年には国産買取価格も30%値上げされた。

政府流通外の麦編集

四十五条により、政府および政府に委託を受けた以外の者が日本に小麦を輸入する際には、輸入関税に加え、国内生産農家保護のため麦等輸入納付金を納付しなければならない[31]

  • 第四十五条三項に基づき輸入
    • 45.20円/kg(小麦 メスリン及びライ小麦)
  • その他の輸入

品種等編集

日本における農林水産省が認定する「農林認定品種」は、2010年までに170種を超える[32]。日本に輸入される外国産の小麦は、複数品種をブレンドした銘柄で取引される。作付面積は農林水産省調べ[33]で、産年による。

品種名・銘柄名 農林番号 旧系統名 誕生年、開発者など 元になった品種(♀×♂) 特 徴 リンク
農林61号 小麦農林61号 西海75号 1944年 佐賀県農業試験場 福岡小麦18号 × 新中長 短稈で、穂数が多く、倒れにくく多収、萎縮病、縞萎縮病、黄銹病の抵抗性が強く、赤かび病の被害が少ないことから、日本の水田裏作栽培で最も多く栽培されている品種である。記録の残る1959年以降、1980年までおよび1984年より1987年まで日本での作付面積が第1位で、最大約22.4万ヘクタール(1962年)栽培された。現在でも関東以西の地域では基幹品種である。 AgriKnowledge
ホロシリコムギ 小麦農林114号 北見23号 1974年 北海道立北見農業試験場 北系8 × 北海240号 1981年より1983年まで日本での作付面積が第1位で、最大約8.7万ヘクタール(1981年)栽培された。現在も北海道において秋まき小麦として栽培されている。 AgriKnowledge
チホクコムギ 小麦農林126号 北見42号 1981年 北海道立北見農業試験場 (北見18号 × 北見19号)F1 ×北系320 1988年より1996年まで日本での作付面積が第1位で、最大約8.6万ヘクタール(1992年)栽培された。かつての北海道の基幹品種で、うどん用品質が良かったが、耐病性等が劣った。 AgriKnowledge
ホクシン 小麦農林142号 北見66号 1995年 北海道立北見農業試験場 北見35号 × 北見42号 「チホクコムギ」の後継として開発され、1997年より2010年まで日本での作付面積が第1位で、最大約10.5万ヘクタール(2006年)栽培された。「チホクコムギ」に比べてやや早生で耐病性等が優る。北海道において秋まき小麦として栽培されている。 AgriKnowledge
きたほなみ 小麦農林168号 北見81号 2006年 北海道立北見農業試験場 北見72号 × 北系1660 「ホクシン」の後継として開発され、2011年より日本での作付面積が第1位の小麦品種である。「ホクシン」に比べて穂発芽性や品質が優る。北海道において秋まき小麦として栽培されている。 AgriKnowledge
小麦農林10号 小麦農林10号 東北34号 1935年 岩手県農業試験場 ターキーレッド × フルツ達磨 短稈半矮性)、直立するため間作に便利で、耐寒耐雪性が強い。 緑の革命の原動力として世界的なコムギの生産性向上に大きく貢献した。 AgriKnowledge
農林26号 小麦農林26号 近畿10号 1937年 奈良県農業試験場 新中長 × 埼玉小麦29号 かつての岐阜県奈良県香川県等の基幹品種で、関東から九州まで広く作付けられ、最大約4.9万ヘクタール(1961年)栽培された。 AgriKnowledge
農林50号 小麦農林50号 北関東28号 1942年 群馬県農業試験場 小麦農林9号 × 新中長 関東を中心に最大2.1万ヘクタール(1959年)栽培された。 AgriKnowledge
農林52号 小麦農林52号 中国33号 1943年 岡山県農業試験場 新中長 × 江島神力 かつての岡山県徳島県の基幹品種で最大約1.3万ヘクタール(1959年)栽培された。 AgriKnowledge
農林53号 小麦農林53号 東海29号 1943年 愛知県農業試験場 埼玉小麦29号 × 鴻巣26号 主に関東から東海にかけて最大約1.2万ヘクタール(1959年)栽培された。 AgriKnowledge
農林64号 小麦農林64号 北関東34号 1944年 群馬県農業試験場 小麦農林9号 × 新中長 福島県および関東を中心に最大1.4万ヘクタール(1961年)栽培された。 AgriKnowledge
アオバコムギ 小麦農林81号 東北79号 1951年 農研機構(旧東北農業試験場) 小麦農林7号 × Ardito 強力銘柄品種であり、かつての宮城県、福島県等の基幹品種で、東北、関東を中心に最大約2.1万ヘクタール(1962年)栽培された。 AgriKnowledge
シラサギコムギ 小麦農林95号 中国79号 1956年 農研機構(旧中国農業試験場) 新中長 × 近畿35号 中国、四国の基幹品種として、最大約2.1万ヘクタール(1963年)栽培された。 AgriKnowledge
ムカコムギ 小麦農林108号 北見11号 1969年 北海道立北見農業試験場 (Kanred × ナンブコムギ)F1 × 北成9号 小麦急増期の北海道の基幹品種として、最大1.6万ヘクタール(1975年)栽培された。 AgriKnowledge
タクネコムギ 小麦農林115号 北見30号 1974年 北海道立北見農業試験場 東北118号×北系221 北海道で最大約1.2万ヘクタール(1982年)栽培された。成熟すると穂が赤色になることから赤麦とも呼ばれる。主に醤油醸造に用いられる。 AgriKnowledge
シロガネコムギ 小麦農林117号 西海120号 1974年 農研機構(旧九州農業試験場) シラサギコムギ × 西海104号 兵庫県佐賀県等の基幹品種で、関東から九州にかけて最大約2.9万ヘクタール(1988年)栽培された。 AgriKnowledge
セトコムギ 小麦農林120号 西海134号 1976年 農研機構(旧九州農業試験場) 西海113号 × 農林26号 かつての大分県等の基幹品種で、中国、四国、九州で最大約1.0万ヘクタール(1987年)栽培された。 AgriKnowledge
アサカゼコムギ 小麦農林123号 西海144号 1978年 農研機構(旧九州農業試験場) 西海115号(後のヒヨクコムギ) × 西海120号 中国、九州を中心に最大約1.2万ヘクタール(1987年)栽培された。 AgriKnowledge
ニシカゼコムギ 小麦農林129号 西海154号 1984年 農研機構(旧九州農業試験場) 西海120号 × ウシオコムギ かつての福岡県等の基幹品種で、九州を中心に最大約1.6万ヘクタール(1989年)栽培された。 AgriKnowledge
シラネコムギ 小麦農林131号 東山17号 1986年 長野県 北陸49号 × 東海80号 秋播き型の早生品種で、耐寒性に優れ主に長野県、宮城県で栽培されている。 AgriKnowledge
チクゴイズミ 小麦農林141号 西海171号 1996年 農研機構(旧九州農業試験場) 関東107 号 × アサカゼコムギ 農研機構が育成した、西日本を中心に多く栽培されている品種である。「農林61号」など従来の品種に比べアミロース含量が低い「低アミロース品種」で、柔らかくモチモチとした食感が特徴である。 AgriKnowledge
きたもえ 小麦農林149号 北見72号 2001年 北海道立北見農業試験場 59045(後のホクシン)×北系1354 縞萎縮病抵抗性やや強、耐雪性やや強、耐倒伏性強で、北海道において秋まき小麦として栽培されている。 AgriKnowledge
ミナミノカオリ 小麦農林160号 西海186号 2006年 農研機構 Pampa INTA × 西海167号 暖地向けに改良された、蛋白質に富みパン醤油に向く品種である。 AgriKnowledge
もち姫 小麦農林糯166号 2006年 農研機構 もち盛系C-D1478 × (もち盛系C-G1517 × 盛系B-8605)F1 実用性が改良されたもち小麦(低アミロース)品種である。 AgriKnowledge
さぬきの夢2000 香育7号 2000年 香川県農業試験場 西海173号(後のニシホナミ) × 中国142号 讃岐うどん用として開発された製麺用の品種で、半数体育種法で作出された。讃岐うどんのなめらかさ、粘り、かたさ(噛みごたえ)に最適化するため、「チクゴイズミ」ほど低アミロースにはしていない。 登録品種データベース
春よ恋 HW1号 2001年 ホクレン農業協同組合連合会 ハルユタカ × Stoa 北海道で栽培されているパン用の春播き品種で、日本で初めて葯(やく)培養により育成された小麦品種である。 登録品種データベース
きぬあかり 2011年 愛知県農業総合試験場 愛知県における奨励品種であり、2018年(平成30年)時点では愛知県の小麦作付面積の80%以上を占めている。 登録品種データベース
オーストラリア産スタンダードホワイト (ASW) オーストラリア オーストラリアの製麺用小麦銘柄で、日本へ輸出するために数種類をブレンドして、安定した高品質を確保している。背丈が長く倒れ易い、赤かび病に弱い。
デュラム パスタで用いられている、グルテン蛋白質)の多い種 (T. durum)で、日本での栽培は難しく、ほとんどが輸入物である。超硬質で黄色いのが特徴であり、通常、セモリナ粉(粗挽き粉)として用いられる。
プライムハード (PH) オーストラリア 強力粉用銘柄でパンや中華めん等の原料として用いられる。
ウエスタンホワイト (WW) アメリカ 通称「ダブダブ」。薄力粉用銘柄で、菓子やケーキ用として用いられる。クラブコムギ (T. compactum) を含む。
ダークノーザンスプリング (DNS) アメリカ 強力粉用銘柄で、パンの原料として用いられる。
カナダウエスタンレッドスプリング (CWRS) カナダ 強力粉用銘柄で、パンや中華めん等の原料として用いられる。

セリアック病編集

セリアック病という遺伝性免疫疾患をもつ人はグルテンに反応することがある。先進国の一般人の少なくとも約1%がセリアック病を持っている。コムギのグルテンにも反応する[34][35][34]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 総輸出量と総輸入量が等しくならないのは、輸送に要する時間が原因である。

出典編集

  1. ^ 「新訂 食用作物」p175 国分牧衛 養賢堂 2010年8月10日第1版発行
  2. ^ 岡田哲(編) 『コムギの食文化を知る事典』東京堂出版、2001年、26頁。ISBN 4-4901-0573-8 
  3. ^ 小麦の栄養と機能”. 日清製粉グループ. 2020年1月30日閲覧。
  4. ^ 商品情報/小麦ふすま”. 日本製粉. 2018年9月23日閲覧。
  5. ^ “コムギゲノム解読が完了 農研機構など610機関”. 日本経済新聞 朝刊: サイエンス面. (2018年9月16日). https://www.nikkei.com/article/DGKKZO35376020U8A910C1MY1000/ 2018年9月23日閲覧。 
  6. ^ 「新訂 食用作物」p142-143 国分牧衛 養賢堂 2010年8月10日第1版発行
  7. ^ 「新訂 食用作物」p144 国分牧衛 養賢堂 2010年8月10日第1版発行
  8. ^ 古賀登 『両税法成立史の研究』雄山閣、2012年、198頁。ISBN 978-4-6390-2208-4 
  9. ^ 南直人 『ヨーロッパの舌はどう変わったか 十九世紀食卓革命』講談社〈講談社選書メチエ〉、1998年、54頁。ISBN 4-0625-8123-X 
  10. ^ ブリュノ・ロリウー 『中世ヨーロッパ 食の生活史』吉田春美(訳)、原書房、2003年、57-58頁。ISBN 4-5620-3687-7 
  11. ^ 石坂昭雄、壽永欣三郎、諸田實、山下幸夫 『商業史』有斐閣〈有斐閣双書〉、1980年、123頁。ISBN 4-6410-5617-X 
  12. ^ 「新訂 食用作物」p174 国分牧衛 養賢堂 2010年8月10日第1版発行
  13. ^ 「新訂 食用作物」p144-145 国分牧衛 養賢堂 2010年8月10日第1版発行
  14. ^ 「新訂 食用作物」p145 国分牧衛 養賢堂 2010年8月10日第1版発行
  15. ^ a b 加藤鎌司「コムギが日本に来た道」(所収:佐藤洋一郎(編著)、加藤鎌司(編著) 『麦の自然史 人と自然が育んだムギ農耕』北海道大学出版会、2010年、113-115頁。ISBN 978-4-8329-8190-4 
  16. ^ 国分牧衛 『食用作物』(新訂)養賢堂、2010年、145頁。ISBN 978-4-8425-0473-5 
  17. ^ a b 吉田宗弘. “うどん類の歴史と分類”. 関西大学. 2020年11月8日閲覧。
  18. ^ 2012 Great American Beer Festival selects the best beer in the USA: Beer Styles”. greatamericanbeerfestival.com. 2013年6月12日閲覧。
  19. ^ 「新訂 食用作物」p171 国分牧衛 養賢堂 2010年8月10日第1版発行
  20. ^ FAOSTAT”. FAOSTAT. Food and Agriculture Organization of the United Nations. 2007年10月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年10月20日閲覧。
  21. ^ a b c 矢野恒太記念会(編) 『日本国勢図会』(2014/15年版)矢野恒太記念会、2014年、164頁。ISBN 978-4-8754-9146-0 
  22. ^ 麦の需給に関する見通し (PDF)”. 農林水産省 (2015年3月). 2016年10月19日閲覧。
  23. ^ a b c 宮嶋康彦 (2008年7月31日). “大規模農家の豊かさに隠れた開拓者精神と努力 「たった一晩」で数百万円の損害が出る繊細な作物との格闘”. 日経ビジネスオンライン (日経BP社). http://business.nikkeibp.co.jp/article/person/20080730/166712/ 
  24. ^ fao.org (FAOSTAT). “Countries by commodity imports (Wheat)”. 2021年9月6日閲覧。
  25. ^ fao.org (FAOSTAT). “Countries by commodity exports (Wheat)”. 2021年9月6日閲覧。
  26. ^ 消費者の部屋 こどもそうだん 豆・麦・いも 小麦はどこの国から輸入(ゆにゅう)されているのかおしえてください。”. 農林水産省. 2021年9月6日閲覧。
  27. ^ 重田勉、為季繁、小野栄介、輸入食糧協議会アメリカ小麦連合会英語版編『アメリカの小麦』。1974年。
  28. ^ 日清製粉『小麦粉・小麦粉の価格のしくみ
  29. ^ 主要食糧の需給及び価格の安定に関する法律”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2012年12月17日閲覧。
  30. ^ “輸入麦の平成19年10月からの売渡価格について” (プレスリリース), 農林水産省, (2007年8月24日), オリジナルの2008年1月28日時点におけるアーカイブ。, https://warp.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/250942/www.maff.go.jp/www/press/2007/20070824press_2.html 2007年12月21日閲覧。 
  31. ^ 主要食糧の需給及び価格の安定に関する法律の施行に関する件 農林水産省告示第四百五十七号
  32. ^ 農林認定品種データベース”. 農林水産省アグリナレッジ. 農林水産省. 2011年2月24日閲覧。
  33. ^ 麦の品種別作付面積”. 図書館システム. 農林水産省. 2012年9月8日閲覧。
  34. ^ a b Celiac disease”. World Gastroenterology Organisation Global Guidelines (2016年7月). 2016年12月7日閲覧。
  35. ^ Definition and Facts for Celiac Disease”. The National Institute of Diabetes and Digestive and Kidney Diseases, National Institutes of Health, US Department of Health and Human Services, Bethesda, MD (2016年). 2016年12月5日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集