蕭 円粛(蕭圓肅、しょう えんしゅく、539年 - 584年)は、南朝梁皇族は明恭。

経歴編集

南朝梁の武陵王蕭紀の子として生まれた。552年天正元年)、蕭紀が帝号を称すると、宜都郡王に封じられ、侍中・寧遠将軍の位を受けた。蕭紀が軍を率いて長江を下ると、蕭撝成都の留守をまもり、円粛は副として補佐した。553年(天正2年)、西魏尉遅迥の軍が蜀に進攻してくると、円粛は蕭撝とともに降伏した。驃騎大将軍・開府儀同三司・侍中の位を受け、安化県公に封じられた。

557年明帝元年)、棘城郡公に進んだ。563年保定3年)、畿伯中大夫の位を受けた。565年(保定5年)、咸陽郡太守に任じられた。569年天和4年)に陵州刺史に転じ、まもなく衛国公宇文直に従って襄陽に駐屯するよう命じられたが、赴任しなかった。

574年建徳3年)、太子少傅に任じられた。577年(建徳6年)、豊州刺史に任じられた。まもなく位は上開府儀同大将軍に進んだ。578年宣政元年)、入朝して司宗中大夫となり、まもなく洛州刺史となった。580年大象2年)、位は大将軍に進んだ。581年開皇元年)、が建国されると、貝州刺史に任じられた。老齢の母の世話をするために辞職を願い出て、文帝に許された。584年(開皇4年)、死去した。享年は46。文集10巻があり、また当時の人により、かれの詩や文章は『文海』40巻や『広堪』10巻や『淮海乱離志』4巻としてまとめられた。

伝記資料編集