蕭 昭秀(しょう しょうしゅう、483年 - 498年)は、南朝斉皇族。巴陵王。文恵太子蕭長懋の三男。は懐尚。

経歴編集

蕭長懋と陳氏のあいだの子として生まれた。永明年間、曲江公に封じられた。492年(永明10年)、寧朔将軍・済陽郡太守となった。493年(永明11年)、兄の蕭昭業が即位すると、臨海郡王に封じられた。494年隆昌元年)1月、使持節・都督荊雍益寧梁南北秦七州諸軍事・西中郎将・荊州刺史に任じられた。同年(延興元年)8月、建康に召還されて車騎将軍の号を受け、京師の防衛にあたった。

495年建武2年)9月、巴陵王に改封された。498年永泰元年)1月、殺害された。享年は16。

伝記資料編集