蕭 暢(しょう ちょう、生年不詳 - 500年)は、南朝斉官僚の武帝蕭衍の弟にあたり、皇族として衡陽宣王に追封された。

経歴編集

蕭順之の四男として生まれた。に仕えて、晋安王の下で文学をつとめた。始安王蕭遙光の下で撫軍諮議参軍となり、録事を兼ねた。499年永元元年)、蕭遙光が起兵を図ると、蕭暢はこれに反対し、長史の沈昭略とともに東府を脱出して、台城に帰還した。衛尉を代行した。500年(永元2年)、崔慧景が反乱を起こし、建康に迫ると、蕭暢は南掖門に駐屯して、攻撃に備えた。太常となり、江陵県侯に封じられた。東昏侯の暴虐が激しくなり、蕭暢の兄の蕭懿を憎むようになると、東昏侯は蕭懿の殺害を命じ、合わせて蕭暢も殺害された。

502年天監元年)、梁が建国されると、蕭暢は侍中・驃騎大将軍・開府儀同三司の位を追贈され、衡陽郡王に追封された。は宣といった。

子に蕭元簡があった。

伝記資料編集