メインメニューを開く

永元(えいげん)は、南北朝時代南斉の東昏侯蕭宝巻の治世に行われた元号。499年 - 501年。

  • 2年10月蕭懿が殺害される。
  • 2年11月:蕭懿の弟、蕭衍が南康王蕭宝融を奉じて襄陽にて挙兵。
  • 3年3月:南康王、江陵にて皇帝に即位。蕭宝巻を廃立して涪陵王となす。中興と改元。
  • 3年12月:蕭宝巻、宮中で殺害される。

西暦・干支との対照表編集

永泰 元年 2年 3年
西暦 499年 500年 501年
干支 己卯 庚辰 辛巳
北魏 太和23年 景明元年 景明2年

関連項目編集


前の元号:
永泰
中国の元号
斉(南朝)
次の元号:
中興