薬師見平

富山県にある湿原

薬師見平(やくしみだいら)とは黒部川の上流の標高2150m付近にある湿原。そのアクセスの難しさと、手付かずの自然から登山家らに“桃源郷”と呼ばれている[1]

地図


概要編集

上廊下火山岩類と命名された火山群による溶岩台地であり、薬師見平デイサイトと命名されている[2]

薬師見平の名の通り台地の向こうに大きく薬師岳がそびえる。

アクセス編集

登山道はなく、薬師見平の周囲を黒部峡谷の断崖と北アルプスの岩稜、猛烈なハイマツの藪に囲まれる為、アクセスは極めて困難で、ルートファインディングや岩稜歩き、藪漕ぎなどの技術を含め、卓越した登山能力を要する。

赤牛尾根ルート編集

赤牛岳の北西尾根を下りるコースで、前半は浮石だらけの岩稜歩き、後半は背丈を越えるハイマツやササなど密生した低木の藪こぎと、過酷な行程となり、片道で13時間程度かかる。[3]

上ノ廊下ルート編集

黒部峡谷の上ノ廊下の口元ノタル沢などから沢登りにより薬師見平に至るルート。[4]

旧高天原新道ルート編集

高天原を起点として廃道の高天原新道の跡を辿るルート。かつての登山道とはいえ、どのルートであったかすらはっきりしないものであり、沢登りや藪漕ぎの高い技術を要する。片道17時間程度。[5]

脚注編集

[ヘルプ]

関連項目編集

外部リンク編集

地理院地図(電子国土web)-薬師見平