メインメニューを開く

藤井 貞文(ふじい さだふみ、1906年7月4日 - 1994年6月12日)は、日本歴史学者國學院大學名誉教授

人物編集

山口県下関市神職の家に生れる。1929年國學院大學文学部卒業。維新史料編纂事務局編纂事務嘱託、維新史料編纂官補、1938年維新史料編纂官。1942年の官制廃止にともない退職。1943年ジャカルタ医科大学教授、復員の後、1946年から帝国図書館国立国会図書館勤務。1951年「明治初世に於ける国学の展開」で國學院大學文学博士。1952年に國學院大學教授となり、1964年、国会図書館退職、1977年、國學院大學退職、名誉教授。

専門は、近世から近代に至る日本思想史。

娘に歌人の藤井常世、息子に日本文学者藤井貞和がいる。

著書編集

  • 吉田松陰』地人書館、1943年
  • 『近世に於ける神祇思想』春秋社、1944年
  • 明治天皇御年譜』明治神宮社務所、1963年
  • 松原神社祭神事歴』水戸烈士遺徳顕彰会、1963年
  • 『明治天皇』神社本庁明治維新百年記念事業委員会、1967年
  • 『國學院大學八十五年史』國學院大學、1970年
  • 『明治国学発生史の研究』吉川弘文館、1977年
  • 『宿命の将軍徳川慶喜』吉川弘文館、1983年
  • 『開国期基督教の研究』国書刊行会、1986年
  • 『江戸国学転生史の研究』吉川弘文館、1987年
  • 『近代日本内閣史論』吉川弘文館、1988年
  • 『神とたましひ』錦正社、1990年
  • 『藤井貞文全歌集』不識書院、2003年

編著編集

  • 『国体論纂』國學院大學、1963-1964年
  • 渋沢栄一『徳川慶喜公伝』全4冊(校訂)平凡社(東洋文庫)1967-68年
  • 『長崎日記・下田日記』 平凡社・東洋文庫、1968年

ほか、日本史籍協会叢書・史料纂集など