藤原 今河
時代 奈良時代後期 - 平安時代初期
生誕 天平勝宝元年(749年
死没 弘仁5年7月24日814年8月13日
別名 今川
官位 従四位上左京大夫
主君 桓武天皇平城天皇嵯峨天皇
氏族 藤原南家
父母 父:藤原巨勢麻呂、母:丹墀氏の娘
兄弟 黒麻呂長川、弓主、真作今河河主、川合、真書、伊勢人貞嗣、瀧麿、主後、広河
藤原乙麻呂の娘
伊勢雄、真縄、縄槎、浄名
テンプレートを表示

藤原 今河(ふじわら の いまがわ)は、奈良時代後期から平安時代初期にかけての貴族。名は今川とも記される。藤原南家参議藤原巨勢麻呂の子。官位従四位上左京大夫

経歴編集

桓武朝延暦6年(787年従五位下叙爵。延暦9年(790年伊勢介次いで伊勢守、翌延暦10年(791年美濃守と地方官を歴任する。その後、延暦16年(797年)従五位上、延暦23年(804年正五位下と累進する。

平城朝大同3年(808年従四位下越前守に叙任される。大同5年(810年)に発生した薬子の変での動静は伝わらないが、変を挟んで越前守を務めていたらしく、弘仁3年(812年)従四位上・左京大夫に叙任された際も引き続き越前守を兼帯している。弘仁5年(814年)7月24日卒去享年66。最終官位は左京大夫従四位上。

官歴編集

六国史』による。

系譜編集

尊卑分脈』による。

出典編集