藤原定房

平安時代中期から後期の貴族。藤原兼隆の次男。従四位上・美濃守。子に定信

藤原 定房(ふじわら の さだふさ、寛仁4年(1020年)- 嘉保2年9月9日1095年10月9日))は、平安時代中期から後期にかけての貴族中納言藤原兼隆の次男。官位従四位上美濃守

経歴編集

後朱雀朝初頭の長元9年(1036年左近衛少将に任ぜられる。長暦4年(1040年)右近衛少将に五位蔵人を兼ねるが、翌長久2年(1041年従四位下に叙せられて蔵人を辞し、まもなく少将も止められている。

後冷泉朝に入ると、左近衛中将に任ぜられて再び近衛次将を務めるが、天喜3年(1055年)頃に左近衛中将を辞す。その後は、備後守のほか、美濃守を二度に亘って務めるなど地方官を歴任した。

堀河朝嘉保2年(1095年)5月30日に出家し、同年9月9日に卒去享年76。

官歴編集

系譜編集

尊卑分脈』による。

  • 父:藤原兼隆
  • 母:源扶義の娘
  • 妻:藤原資業の娘
    • 男子:藤原重房(?-1113)
    • 男子:藤原定兼(?-1105)
  • 生母不詳の子女
    • 男子:定信

脚注編集

  1. ^ a b c 『近衛府補任』
  2. ^ a b 『蔵人補任』
  3. ^ 『春記』
  4. ^ a b c 『尊卑分脈』

参考文献編集