メインメニューを開く

藤原延子 (藤原頼宗女)

日本の平安時代の人物、後朱雀天皇の女御

藤原 延子(ふじわら の えんし/のぶこ、長和5年(1016年)- 嘉保2年6月15日1095年7月19日))は平安時代中期の女性。右大臣藤原頼宗の次女。母は藤原伊周の娘。後朱雀天皇女御麗景殿を局とし、麗景殿女御または高倉女御といわれた。

経歴編集

長久3年(1042年)3月26日、後朱雀天皇のもとに入内、女御となる。寛徳2年(1045年)1月、後朱雀天皇は譲位、2日後に崩御するが、延子は同年4月に正子内親王を産む。正子内親王は天喜6年(1058年)から延久元年(1069年)まで斎院となった。永承5年(1050年)1月5日従二位。延久5年(1073年)5月12日に落飾。嘉保2年(1095年)6月15日、80歳で薨去。