藤原是憲
時代 平安時代後期
生誕 保延5年(1139年
死没 治承元年(1177年
改名 是憲→遊蓮房円照(法名)
官位 従五位下少納言[1]
主君 二条天皇
氏族 藤原南家貞嗣流
父母 父:信西(藤原通憲)、母:高階重仲の娘
兄弟 俊憲貞憲静賢澄憲覚憲、憲曜、成範勝賢是憲明遍脩範、光憲、寛敏、行憲、憲俊、寛兼、憲慶、阿波内侍?、藤原隆季室、藤原長方室、藤原親信室、少将有房室、藤原家房室、源為国
藤原顕時の娘
テンプレートを表示

藤原 是憲(ふじわら の これのり)は、平安時代後期の貴族浄土宗の僧。藤原南家貞嗣流、少納言信西(藤原通憲)の三男。官位従五位下・少納言。

信濃守であったが、平治の乱で父・信西に連座して免職され佐渡島に流罪となる。後に21歳で出家し、遊蓮房円照と号して西山広谷に草庵を設けて善導を信奉した。

承安5年(1175年)に法然がやってくると後にその弟子となる[2]。妻の甥は法然の弟子信空である。

脚注編集

  1. ^ 尊卑分脈』(吉川弘文館、1958年)第2篇、488頁
  2. ^ 『法然上人絵伝(下)』(岩波文庫)211頁