メインメニューを開く

藤原 有蔭(ふじわら の ありかげ)は、平安時代初期から前期にかけての貴族藤原南家乙麻呂流、陸奥守藤原高扶の子。官位従四位下左少弁

 
藤原有蔭
時代 平安時代初期 - 前期
生誕 天長元年(824年
死没 仁和元年10月2日885年11月12日
官位 従四位下左少弁
主君 文徳天皇清和天皇陽成天皇光孝天皇
氏族 藤原南家乙麻呂
父母 父:藤原高扶、母:坂上関守娘
兄弟 有年、清夏、有蔭、清景
多治縄主娘
恒忠、忠仁、忠房
テンプレートを表示

目次

経歴編集

文徳朝前半に大宰少監を務め、文徳朝末の天安2年(858年従五位下肥前守に叙任される。

清和朝に入り、貞観4年(862年民部少輔として一旦京官に復すが、翌貞観5年(863年)には上野介を兼任し、まもなく大宰少弐次いで近江介に転任するなど、短期間に地方官を転々とした。のちに散位を経て、貞観11年(869年伊勢権守に任ぜられる。

元慶4年(880年)清和上皇の崩御にあたり、固関使として近江国に派遣される(この時の位階は従五位上)。元慶8年(884年)2月に光孝天皇の即位に伴い正五位下に叙せられ、同年中に従四位下左少弁に叙任された。

仁和元年(885年)10月2日卒去。享年62。

官歴編集

六国史』による。

系譜編集

尊卑分脈』による。

  • 父:藤原高扶
  • 母:坂上関守の娘
  • 妻:多治縄主の娘
    • 男子:藤原恒忠
  • 生母不詳の子女
    • 男子:藤原忠仁
    • 男子:藤原忠房

脚注編集

  1. ^ 『北白川家所蔵文書』
  2. ^ 『尊卑分脈』

出典編集