藤原村田

日本の平安時代の貴族
 
藤原村田
時代 平安時代初期
生誕 不明
死没 不明
官位 正五位下讃岐守
主君 嵯峨天皇淳和天皇
氏族 藤原南家巨勢麻呂
父母 父:藤原真作、母:常陸那賀郡人
兄弟 村田、弟藤、百城、美都子三守
三成、五百城
県犬養以綱娘
富士麻呂、達良麻呂、興世
テンプレートを表示

藤原 村田(ふじわら の むらた)は、平安時代初期の貴族藤原南家巨勢麻呂流、阿波守藤原真作の子。官位正五位下讃岐守

経歴編集

弘仁7年(816年従五位下叙爵し、のち右少弁を務める。淳和朝の天長4年(827年)従五位上・肥後守に叙任される。その他、蔵人讃岐守を歴任した。

官歴編集

日本後紀』による。

系譜編集

尊卑分脈』による。

脚注編集

  1. ^ 『政事要略』84巻685頁
  2. ^ 続日本後紀嘉祥3年2月16日条
  3. ^ 『尊卑分脈』

出典編集