この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

藤原 薩雄(ふじわら の ひろお) は、奈良時代貴族藤原南家太師藤原仲麻呂の七男。官位従五位下右虎賁率

経歴編集

天平勝宝9年(757年道祖王皇太子を廃されると、内舎人であった薩雄は20人の中衛を率いて新皇太子の大炊王(のち淳仁天皇)を迎えるために、仲麻呂の私邸である田村邸に派遣された[1]天平宝字3年(759年従五位下に叙せられ、越前守に任ぜられる。天平宝字8年(764年)正月に右虎賁率に遷るが、同年9月に発生した藤原仲麻呂の乱で父の藤原仲麻呂ら一族とともに斬殺された[2]

同音異字の兄弟・藤原刷雄と同一人物ではないかとする説がある(詳細は「藤原刷雄」の項参照)が、日本史学者の岸俊男によると、両者は別人とするのが正しいとされている[3]

官歴編集

続日本紀』による。

系譜編集

尊卑分脈』による。

  • 父:藤原仲麻呂
  • 母:不詳
  • 妻:生母不詳の子女
    • 男子:藤原朝忠

脚注編集

  1. ^ 『続日本紀』天平勝宝9年4月4日条
  2. ^ 『続日本紀』天平宝字8年9月18日条
  3. ^ 岸俊男『藤原仲麻呂』人物叢書)p120より。

参考文献編集