メインメニューを開く

藤原 諸姉(ふじわら の もろあね / もろね、生年不詳 - 延暦5年6月29日786年7月29日))は、奈良時代後期の女官藤原式家良継の娘で、藤原百川の妻。官位従三位尚縫(贈正一位)。

生涯編集

神護景雲3年(769年)に無位から従五位下に叙される[1]宝亀元年(770年)に光仁天皇即位すると式家の政治権力が大きくなり、それを背景に昇進していく。宝亀10年(779年)に夫の百川と死別するも、時期は不明だが尚縫になり、後宮での権力を握った。延暦5年(786年)には従三位に昇るが、同年6月29日に死去[2]

弘仁14年(823年淳和天皇が即位すると、外祖母として正一位を追贈された。

系譜編集

旅子は桓武天皇夫人となり大伴親王(後の淳和天皇)を生み、帯子は没後平城天皇の贈皇后になった。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 続日本紀』神護景雲3年(769年)十月甲子条
  2. ^ 『続日本紀』延暦5年(786年)六月丁亥条

参考文献編集