藤原 隆宗(ふじわら の たかむね、寛徳2年(1045年) - 康和4年3月4日1102年3月24日))は、平安時代後期の貴族藤原北家参議藤原良基の子。官位正四位下近江守

経歴編集

白河朝初頭の延久6年(1074年右近衛権少将に任ぜられると、翌承保2年(1075年)左近衛権少将に転じる。少将の傍らで、木工頭民部大輔などを兼ねる。永保3年(1083年)ごろ従四位下に叙せられるが引き続き少将を務め、白河院政期初頭の寛治2年(1088年正四位下に叙せられて少将を退くまで、15年近くに亘ってこれを務めた。

その後は木工頭を務めながら、河内守を兼ねる。嘉保元年(1095年近江守として受領となり、康和4年(1102年)の任期満了まで務めた。同年3月4日に悪瘡により卒去。国司辞任後すぐの急死だったため、まだ公文の確認が終わっていなかったという。享年58。最終官位は前近江守正四位下。

官歴編集

系譜編集

尊卑分脈』による。

  • 父:藤原良基
  • 母:平範国の娘
  • 妻:源義綱の娘
    • 男子:藤原宗兼
    • 男子:藤原良兼
    • 女子:隆子または宗子[11] - 典侍、藤原家保室
  • 生母不詳の子女
    • 男子:応源
    • 男子:隆助

脚注編集

  1. ^ a b c d 『魚魯愚抄』
  2. ^ a b 『近衛府補任』
  3. ^ 『大間成文抄』341
  4. ^ 『為房卿記』
  5. ^ 『大間成文抄』342
  6. ^ 『魚魯愚抄』下3-174
  7. ^ 『中右記』
  8. ^ 『後二条師通記』
  9. ^ a b c d 『中右記』
  10. ^ 『中右記』康和4年3月4日条
  11. ^ 『中右記』寛治7年12月15日条

参考文献編集

  • 市川久編『近衛府補任 第一』続群書類従完成会、1992年
  • 宮崎康充編『国司補任 第五』続群書類従完成会、1990年
  • 『尊卑分脈 第一篇』吉川弘文館、1987年