メインメニューを開く

藤原 隆房(ふじわら の たかふさ)は平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての公卿藤原北家善勝寺流の出身で藤原隆季の長男。母は藤原忠隆の娘。正二位・権大納言。四条隆房冷泉隆房とも。

 
藤原隆房
時代 平安時代末期-鎌倉時代初期
生誕 久安4年(1148年
死没 承元3年(1209年
別名 四条隆房冷泉隆房
官位 正二位権大納言
主君 二条天皇六条天皇高倉天皇安徳天皇後鳥羽天皇土御門天皇
氏族 藤原北家魚名流
父母 父:藤原隆季、母:藤原忠隆の娘
兄弟 隆房隆保隆雅 ほか
正室:平清盛の娘
後鳥羽院女房右衛門佐
高階泰経の娘
葉室光雅の娘
隆衡隆宗隆重 ほか
テンプレートを表示

経歴編集

保元3年(1158年)に従五位下に叙爵。以後加賀国因幡国国司右近衛中将・左近衛中将・蔵人頭などを歴任し、元暦元年(1184年)に従三位に叙せられる。文治5年(1189年)に権中納言正治元年(1199年)に中納言・正二位、元久元年(1204年)には権大納言に至る。建永元年(1206年)に出家し引退。法名は寂恵。

人物編集

平清盛の娘を正室とした関係から平家一門と親しく、平家没落の後にも建礼門院を庇護したとされる。一方で後白河法皇寵臣としても名高く、平家の衰退と関わりなく政治上の発言権を保ち続けた。

政界遊泳に長けていたばかりでなく、歌人としても存在感を発揮し、『千載集』に入選している他、近年では『朗詠百首』の作者にも擬せられている。日記として『安元御賀日記』を書き遺しており、また『平家物語』における小督局との恋愛譚もよく知られている。

子孫は羽林家の一つ四条家として繁栄し、現代に至るまで続いている。

系譜編集


先代:
藤原隆季
四条家
第2代
次代:
四条隆衡