メインメニューを開く
 
藤原鳥養
時代 奈良時代
生誕 不詳
死没 不詳
官位 従五位下
主君 聖武天皇
氏族 藤原北家房前流
父母 父:藤原房前、母:春日倉老の娘
兄弟 鳥養永手真楯清河魚名宇比良古御楯楓麻呂、北殿、藤原豊成
大伴道足の娘
塩麻呂、小黒麻呂藤原永手
テンプレートを表示

藤原 鳥養(ふじわら の とりかい)は、奈良時代貴族藤原北家の祖である参議藤原房前の長男。官位従五位下

経歴編集

天平元年(729年正六位上から従五位下に叙せられる。これは弟・永手叙爵(天平9年〔737年〕)より8年程早い事から、父・房前が20歳代前半であった、慶雲年間(704~708)の生まれの可能性が高い[1]

その後『六国史』等に鳥養に関する記述がない事から、次男・小黒麻呂が生まれた天平5年(733年)から程なくして早世したものと考えられている[2]。なお、鳥養自身は五位に留まったが、子孫は藤原小黒麻呂以降3代に亘って公卿に昇っている。

系譜編集

尊卑分脈』による。

脚注編集

  1. ^ 高島[1983: 282]
  2. ^ 木本[2012: 1]

出典編集