宗 義誠(そう よしのぶ)は、対馬国府中藩6代藩主。

 
宗義誠
時代 江戸時代中期
生誕 元禄5年3月15日1692年4月30日
死没 享保15年11月6日1730年12月15日
改名 増之介(幼名)、氏江方誠(初名)、義誠
別名 式部(通称)
戒名 大雲院殿玉橉高岳大居士
墓所 長崎県対馬市厳原町国分の万松院
官位 従四位下侍従対馬守
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗
対馬府中藩
氏族 宗氏氏江氏、宗氏
父母 宗義真、右門
兄弟 義倫古川真言義方多田倫寛義誠方熈高瀬行方日野資成室、常、六、家ら
樋口真峯娘竹
義如義蕃松平忠名正室、お升、
藤堂高治正室、方熈
テンプレートを表示

生涯編集

元禄5年(1692年)3月15日、第3代藩主・宗義真の七男として生まれる。元禄16年(1703年)1月、兄で第5代藩主の義方より800石を与えられて別家の氏江家を興すとともに、義方より偏諱を賜って氏江方誠(みちのぶ)と称した。享保3年(1718年)、兄の義方が死去したため、その養子として家督を継ぎ、第6代藩主となり、宗義誠に改名。12月に従四位下、侍従・対馬守に叙位・任官された。

藩財政を再建するため、倹約令を出すなどしたが効果は無く、ますます財政難が促進された。享保15年(1730年)11月6日、嫡男・義如を伴って江戸へ赴く途上であったが、大坂で病に倒れて死去した。享年39。義如は若年だったため、弟の方熈が養子となって跡を継いだ。

系譜編集


偏諱を与えた人物編集

義誠時代

  • 古川(義誠の兄・古川真言の養子。また、娘の修性院は義誠の次男・義蕃の正室となる)