メインメニューを開く

藤澤 房俊(ふじさわ ふさとし、1943年2月16日 - )は、日本西洋史学者。イタリア近現代史。東京経済大学名誉教授。

目次

略歴編集

東京府(現・東京都)生まれ。早稲田大学第二文学部史学科卒業、同大学院文学研究科博士課程単位取得退学。1970年-1971年 ローマ大学に留学。1973年-1975年 イタリア歴史学研究所に留学。共立女子大学助教授、1992年東京経済大学教授。2013年定年、名誉教授。2001年「『第三のローマ』 : 近現代イタリアの『記憶の場』」で早大文学博士

受賞歴編集

  • 1988年 第11回マルコ・ポーロ賞受賞(『赤シャツの英雄ガリバルディ』に対し)
  • 1996年 イタリア政府よりイタリア共和国功労勲章<カヴァリエーレ cavaliere>を授与。
  • 2006年 イタリア政府よりイタリア共和国功労勲章<コンメンダトーレ commendatore>を授与。

著作編集

単著編集

  • 『赤シャツの英雄ガリバルディ - 伝説から神話への変容』(洋泉社、1987年)
  • シチリアマフィアの世界』(中公新書、1988年/講談社学術文庫、2009年)
  • 『匪賊の反乱』(太陽出版、1992年)
  • 『「クオーレ」の時代 - 近代イタリアの国家と子供』(筑摩書房[ちくまライブラリー]、1993年/ちくま学芸文庫、1998年)
  • 『大理石の祖国 - 近代イタリアの「記憶の場」』(筑摩書房、1997年)
  • 『第三のローマ - イタリア統一からファシズムまで』(新書館、2001年)
  • ピノッキオとは誰でしょうか』(太陽出版、2003年)
  • マッツィーニの思想と行動』(太陽出版、2011年)
  • 『「イタリア」誕生の物語』(講談社選書メチエ、2012年)
  • 『ムッソリーニの子どもたち - 近現代イタリアの少国民形成』(ミネルヴァ書房、2016年)
  • 『ガリバルディ - イタリア建国の英雄』(中公新書、2016年)
  • 『地中海の十字路=シチリアの歴史』(講談社選書メチエ、2019年)

翻訳編集

論文編集

脚注編集