メインメニューを開く

藤田 康邦(ふじた やすくに)は、戦国時代武将山内上杉家後北条氏の家臣。

 
藤田康邦
時代 戦国時代
生誕 永正10年(1513年)?
死没 天文24年8月13日1555年8月29日
改名 重利→用土康邦
別名 泰邦、安国
官位 右衛門佐
主君 上杉憲政北条氏康
氏族 藤田氏用土氏
大福御前(北条氏邦正室)、用土重連
信吉?
養子:北条氏邦

略歴編集

当初は山内上杉家に仕え、天神山城を守っていたが、天文15年(1546年)の河越城の戦いの後、北条氏康の攻撃を受けて降伏し、その家臣となった。このとき、氏康の四男[1]・乙千代丸(氏邦)を幼少から養子として育て、娘の大福御前を娶らせて藤田氏の家督を譲っている。そして自らは用土城に居城を移し、用土氏を称した。名を重利から康邦[2]に改めたのもこの頃とされる。

ただし、以上の事蹟については異説も多く存在し、生没年など康邦の実像は解明されていない部分も多い。

康邦の子には用土重連藤田信吉[3]がいたが、彼らは北条氏にとっては邪魔な存在であり、重連は沼田城代に任じられたものの氏邦に毒殺され、信吉は武田勝頼に寝返っている。

脚注編集

  1. ^ 三男、五男という説もあるが、鉢形城歴史館は家系図を展示して四男と記している
  2. ^ 氏康の「康」と氏邦の「邦」(「邦」については逆に、養子となった乙千代丸に与えて氏邦と名乗らせた可能性もある。)
  3. ^ 孫説も有り。