藤田 正義(ふじた まさよし、1895年明治28年)2月18日[1][2][3] - 没年不明)は、大正から昭和時代前期の拓務官僚台湾総督府官僚。台中市長。

経歴・人物編集

茨城県久慈郡袋田村大字袋田(現・大子町大字袋田)に生まれる[2]1913年(大正2年)台北中学会を卒業し、独学の末[2]1915年(大正4年)5月に普通試験に合格した[3]1916年(大正5年)3月、台湾総督府属となり、1921年(大正10年)拓殖局第二課主任に転じ、樺太シベリアなどの視察を経て、1923年(大正12年)5月、高等試験予備試験に合格[2]1925年(大正14年)8月、会計検査院書記となり、同年10月、台湾総督府中央研究所属庶務課会計係長となる[2]

1928年(昭和3年)8月、財務局予算総括主任に転じ、1932年(昭和7年)4月、地方理事官に進み、台中州南投郡守に就任[1]。ついで台東庁庶務課長、東部開発調査委員会幹事を経て[1]1938年(昭和13年)10月、台南州新豊郡守に就任したのち、台中市長を務めた[3]1943年(昭和18年)1月、退官する[3]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 台湾新民報社 1937, 331頁.
  2. ^ a b c d e 太田 1940, 437頁.
  3. ^ a b c d 興南新聞社 1943, 351頁.

参考文献編集