メインメニューを開く

藤谷 為賢(ふじたに ためかた)は、江戸時代前期の公卿権大納言冷泉為満の次男。官位従二位権中納言藤谷家の祖。

経歴編集

慶長11年(1606年)に従五位下に叙任して元服。

冷泉家家祖・冷泉為相の別姓であった藤谷を家名として、新しく家を立てる事を許された。その後、侍従左近衛少将右近衛中将等を務めて、寛永9年(1632年)に従三位となり、公卿に列する。その後、民部卿参議踏歌節会外弁等を務めた。寛永19年(1642年)に従二位・権中納言となったが、正保2年(1645年)には職を辞した。

承応2年(1653年)、薨去。享年61。家督は子・為条が継いだ。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 中山親綱の子
  2. ^ 山科言総の養子
先代:
藤谷家当主
初代
次代:
藤谷為条