メインメニューを開く

蘇我倉麻呂

日本の飛鳥時代の豪族
 
蘇我倉麻呂
時代 飛鳥時代
生誕 不明
死没 不明
別名 雄当
主君 推古天皇舒明天皇
氏族 蘇我氏
父母 父:蘇我馬子
兄弟 河上娘善徳蝦夷刀自古郎女
法提郎女、川堀、倉麻呂、杲安
石川麻呂連子日向赤兄果安
テンプレートを表示

蘇我 倉麻呂(そが の くらまろ)は、飛鳥時代豪族。名を雄当(おまさ)ともいう。蘇我馬子の子。子に石川麻呂連子日向赤兄果安がいる[1]

日本書紀』巻第二十三の舒明天皇即位前紀によると、皇位継承問題での群臣合議の際、田村皇子(舒明天皇)を推す者と山背大兄王を推す者とに分かれた。しかし、倉麻呂はただ一人意見を保留した[2]

脚注編集

  1. ^ 近藤、p. 80
  2. ^ 日本書紀(下)、p. 8

参考文献編集

  • 近藤敏喬 編 『古代豪族系図集覧』 東京堂出版、1993年
  • 山田宗睦 訳 『原本現代訳41 日本書紀(下)』 ニュートンプレス、1992年