メインメニューを開く

蘇我 高麗(そが の こま)は、古墳時代豪族蘇我韓子の子。蘇我稲目の父[1]。別名は母が高麗(高句麗)人だったので、高麗と呼ばれたとする説がある。息子に蘇我馬背が居た。

業績はいっさい不明で『古事記』『日本書紀』にも登場しない。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 出所:紀氏家牒