蘇我高麗

日本の古墳時代の豪族

蘇我 高麗(そが の こま)は、古墳時代豪族蘇我韓子の子。蘇我稲目の父[1]。別名は母が高麗(高句麗)人だったので、高麗と呼ばれたとする説があるが根拠は一切存在していない。なお、蘇我氏においては蘇我日向や蘇我蝦夷など地名等から命名された人物がいるが、それらの地域との血縁関係が結ばれたとする資料は存在していない。

業績はいっさい不明で『古事記』『日本書紀』にも登場しない。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 出所:紀氏家牒