メインメニューを開く

蠣崎 広武(かきざき ひろたけ)は、江戸時代中期の松前藩家老。松前藩守広系蠣崎家5代。

 
蠣崎広武
時代 江戸時代中期
生誕 延宝7年(1679年
死没 享保元年7月8日1716年8月24日
改名 武千代(幼名)→広武
別名 主殿
主君 松前矩広
蝦夷松前藩
氏族 蠣崎氏
父母 父:蠣崎広明
兄弟 広武、卯登(松前広孝室)
松前広時
広栄
テンプレートを表示

4代・蠣崎広明の子。延宝9年(1681年)に父が死去したため、跡を継いだ。宝永5年(1707年)に家老となる。清廉潔白な人物と伝わり、藩主・松前矩広の補佐をよく務め、アイヌにも雑穀栽培を教えて奨励するなどした。

享保元年(1716年)7月8日に変死した。享年38。跡を子・広栄が継いだ。

松前藩では広武の死の前年、(正徳5年(1715年))に矩広の継嗣である富広が早世して継嗣問題が発生しており、また広武自身の著である『官庫日記』の正徳6年(1716年)3月から5月半ばの記載が欠けており、継嗣問題に巻き込まれた自殺との説がある。

参考文献編集