メインメニューを開く

松前 矩広(まつまえ のりひろ)は、江戸時代中期の大名蝦夷地松前藩5代藩主。官位従五位下志摩守

 
松前矩広
Matsumae Norihiro(5代藩主).jpg
松前矩広像(『蝦夷国風図絵』より)
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 万治2年11月24日1660年1月6日
死没 享保5年12月21日1721年1月18日
改名 竹松丸(幼名)→矩広
別名 吉広、兵庫
戒名 曹玄
墓所 北海道松前郡松前町の大洞山法憧寺
官位 従五位下志摩守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家綱綱吉家宣家継吉宗
蝦夷松前藩
氏族 松前氏
父母 松前高広蠣崎利広
兄弟 矩広伊沢忠広、弥六郎、仙子
唐橋在勝
米津才兵衛娘・安子
冬子、周広、伊良子、佐知子、富広
方広、幾子
邦広
テンプレートを表示

生涯編集

万治2年(1659年)、4代藩主・松前高広の長男として誕生。寛文5年(1665年)11月6日、父・高広の死去により、家督を相続する。同年11月15日、4代将軍・徳川家綱にお目見えする。貞享元年(1684年)12月15日、従五位下志摩守に叙任する。

寛文9年(1669年)、シャクシャインの戦いが勃発した際、矩広は幼年であったため親族の松前泰広が補佐してこれを制圧した。矩広が襲封したのは父・高広と同じ7歳であり、そのため藩主一門及び有力家臣が藩政を左右した。やがて一門同士の争いは家老の変死事件を引き起こし、天和元年(1681年)に「松前家中仕置等宜しからず[1]」との老中からの注意が記録されている。また、この頃より砂金の採取量の減少を始めとする財政難が顕著になっていく。

享保元年(1716年)1月13日、嫡子であった次男富広が死去したため、一族の松前本広の六男邦広を養子に迎えた。

元来、松前氏は米が穫れない蝦夷において無石の島主扱いの交代寄合でしかなかったが、享保4年(1719年)正式に大名に昇格して1万石格の松前藩がようやく成立した。

享保5年(1720年)、死去。享年63。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 『松前年々記』による。