メインメニューを開く

蠣崎 舜広(かきざき としひろ)は、戦国時代武将蝦夷地蠣崎季広の長男(嫡男扱い)。

 
蠣崎舜広
時代 戦国時代
生誕 天文8年(1539年
死没 永禄4年(1561年
改名 彦太郎(幼名)→舜広
別名 宮内(通称)
主君 蠣崎季広
氏族 蠣崎氏
父母 父:蠣崎季広、母:伝妙院(河野季通の娘)
兄弟 南条広継正室、舜広明石元広松前慶広守広ほか

生涯編集

天文8年(1539年)、蝦夷地戦国大名蠣崎季広の嫡男として生まれる。幼名彦太郎。のちに元服し、蠣崎宮内舜広[1]と名乗る。父からは将来を嘱望され後継者に指名されていたが、永禄4年(1561年)に南条広継の正室となっていた姉に毒殺されたという。享年23。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 年代的に考えて「舜」の字は安東舜季より受けたものと推測されるが、読みも異なることから確定はし難い。