行列商法(ぎょうれつしょうほう)とは、人間の心理効果を利用し、意図的に店頭に行列を作ることにより、その店の商品、サービスが人気があると錯覚させ購買意欲を煽り、購入させようとする方法である。

概要編集

この商法は、本来は行列になるほど客数が多くない状態であっても、わざとレジの数を減らしたり、店内に客を入れないようにして店の外に並ばせたり、サクラアルバイトで雇って並ばせるなどが一般的である。また、その状態をメディアが報道することもある[1]

脚注編集

  1. ^ 「虚の時代[2]――サクラ操り やらせ広告」『朝日新聞』2009年5月1日付朝刊、第13版、第34面。

関連項目編集

外部リンク編集