行慶(ぎょうけい、康和3年(1101年) - 永万元年7月16日1165年8月24日))は、平安時代後期の天台宗。父は白河天皇。母は備中守源政長の娘。狛僧正・桜井僧正とも称される。

出家して園城寺に住し、1128年大治3年)には大僧正に任じられた。その後、1135年保延元年)に四天王寺別当1152年仁平2年)には園城寺長吏に任じられている。近衛後白河二条の三代に亘って天皇護持僧となるが、特に後白河院の信任が厚かったとされる[1]。また、藤原忠通出家する際、御戒師を務めた[2]

脚注編集

  1. ^ 愚管抄』『円城寺伝記』
  2. ^ 今鏡』328段