衛 猫児(えい みょうじ、1116年 - 1127年)は、北宋欽宗の後宮に仕えた少女。

経歴編集

宮女として使令に任じられたが、夫人以上のには封じられていなかった。靖康2年(1127年)2月時点で満年齢11歳ないし12歳であり[1]、欽宗に仕える女性の中で最年少だった。

靖康の変において開封陥落後、靖康2年2月7日に徽宗軍の軍基地とされた青城[2]に連行されると、妃嬪や衛猫児らの宮女も同じく青城に拉致された。多くの女性が青城で性的暴行された。衛猫児は12歳になるかならないかという幼さであったにもかかわらず、金の兵士たちは慈悲を懇願する衛猫児を輪姦した。その後、絶望した衛猫児は頸動脈を切って自害している。

同じく6人の宮女の曹妙婉・卜女孟・席進士・程巧・兪玩月・黄勤らは溺死(入水自殺、あるいは事故死)した。

伝記資料編集

  • 『靖康稗史箋證』
  • 『宋史』

脚注編集

  1. ^ 『開封府状』によれば「衛使令十三歳。名猫児。」
  2. ^ すでに衛猫児の主人である欽宗は青城に拘束されていた。

関連項目編集