メインメニューを開く
西下経一

西下 経一(にしした きょういち、1898年5月10日 - 1964年1月17日)は、国文学者東京教育大学名誉教授。 岡山県出身。東京帝国大学国文科卒。旧姓は岡村。第六高等学校教授、1953年「古今集の伝本の研究」で東大文学博士。戦後は岡山大学教授、東京教育大学教授、上智大学教授。平安朝文学、特に和歌を専門とする。

著書編集

  • 日本文学大系 第18巻 日記文学 河出書房、1938
  • 和歌史論 至文堂 1944
  • 更級日記新釈 口訳対照 金子書房 1953
  • 古今集の伝本の研究 明治書院 1954
  • 十六夜日記 1956 (學燈文庫)
  • 古今和歌集新解 明治書院 1957
  • 伊勢物語新解 明治書院 1958
  • 平安朝文学 1960 (塙選書)
  • 枕草子 昇龍堂出版 1962

共編著編集

  • 日本文学史 第4巻 平安時代前期 上 三省堂 1942
  • 国文学の栞 志村士郎共編 寧楽書房 1957
  • 古今集総索引 滝沢貞夫共編 明治書院 1958
  • 国語国文学研究史大成 第7 古今集・新古今集 実方清共編著 三省堂 1960
  • 万葉・古今・新古今集の解釈と文法 石川重貞共著 明治書院 1960
  • 国語辞典 現代語・古語 昇竜堂出版 1962
  • 古今集校本 滝沢貞夫共編 笠間書院 1977.9 (笠間叢書)

校訂など編集

参考編集

  • 日本人名大辞典