メインメニューを開く

西原 孝至(にしはら たかし、1983年 - )は、富山県出身の映画監督TVディレクター

にしはら たかし
西原 孝至
生年月日 (1983-09-03) 1983年9月3日(36歳)
出生地 日本の旗 日本 富山県
職業 映画監督TVディレクター
ジャンル 映画
テンプレートを表示

経歴編集

1983年、富山県生まれ。富山県立呉羽高等学校卒業。

2003年に早稲田大学川口芸術学校に第1期生として入学、映像制作を学ぶ。早稲田大学大学院国際情報通信研究科中退[1]

2011年の初長編作『青の光線』は、大阪アジアン映画祭に正式招待。2014年に劇場公開。次作『Starting Over』(2014)は東京国際映画祭<日本映画スプラッシュ部門>をはじめ、国内外10箇所以上の映画祭に正式招待され高い評価を得る[2]。近年はドキュメンタリー映画を続けて制作。『わたしの自由について~SEALDs 2015~』は北米最大の国際ドキュメンタリー映画祭 HotDocsに正式出品。毎日映画コンクールドキュメンタリー部門ノミネート。最新作は目と耳の両方に障害のある盲ろう者の日常をみつめた『もうろうをいきる』。現在、主にTVドキュメンタリー番組のディレクターとして活動中。

作品編集

映画編集

  • 青の光線(2011年、兼脚本・編集)
  • Starting Over(2014年、兼脚本・編集・製作)
  • わたしの自由について〜SEALDs 2015〜(2016年、兼撮影・編集・製作)[3][4][5][6]
  • もうろうをいきる(2017年)[7]
  • シスターフッド(2019年)

TVドキュメンタリー編集

テレビドラマ編集

KBOYS第5話(テレビ放送…ABCテレビ、インターネット配信…GYAO!)

脚注編集

  1. ^ 青の光線”. 第8回大阪アジアン映画祭 (2013年). 2016年9月7日閲覧。
  2. ^ Starting Over”. 第27回東京国際映画祭 (2014年). 2016年9月7日閲覧。
  3. ^ 「秩序に“グッドノイズ”を発し続けていく」──SEALDsドキュメンタリー『わたしの自由について』”. webDICE編集部 (2015年5月2日). 2015年5月2日閲覧。
  4. ^ あなたが生み出す問いについて—西原孝至監督インタビュー【前編】”. SEALDsPOST (2016年6月13日). 2016年6月13日閲覧。
  5. ^ 【連載 批評≒ドキュメンタリズム④】 SEALDsと共に歩むために 『わたしの自由について』”. neoneoweb. 金子遊 (2016年5月5日). 2016年5月5日閲覧。
  6. ^ 『わたしの自由について』西原孝至”. Nobody. 三浦翔 (2016年5月27日). 2016年5月27日閲覧。
  7. ^ 「目が見えず耳も聞こえない「盲ろう者」の日常見つめるドキュメンタリー『もうろうをいきる』”. webDICE編集部 (2017年8月17日). 2017年8月17日閲覧。

外部リンク編集