西園寺実顕
時代 鎌倉時代中期
生誕 不明
死没 文永9年12月2日1272年12月23日
官位 正三位参議
主君 後深草天皇亀山天皇
氏族 西園寺家
父母 父:西園寺公相、母:藤原定家[1]
兄弟 実守、尊教、実兼嬉子実康実顕、勝恵、橋本実俊、相子、近衛基平室、
徳大寺実孝室、九条忠教
養兄弟:寿子
西園寺公基[1]
テンプレートを表示

西園寺 実顕(さいおんじ さねあき)は、鎌倉時代中期の公卿太政大臣西園寺公相の三男[1]官位正三位参議

経歴編集

[2]建長5年(1253年)に叙爵侍従を経て、正嘉元年(1257年正五位下左近衛少将に叙任される。

播磨介中宮権亮を歴任。文永7年(1270年)正三位・参議として公卿に列すが、翌文永8年(1271年)出家。文永9年(1272年)、薨去。

異母兄・実兼の生年と比較すると、20代あまりで没したと思われる。そのため、嗣子もなく官位も参議のままであった。

官歴編集

[2]

脚注編集

  1. ^ a b c 尊卑分脈
  2. ^ a b 公卿補任