西安府(せいあんふ)は、中国にかつて存在した明代から民国初年にかけて、現在の陝西省西安市一帯に設置された。

概要編集

1369年洪武2年)、明により奉元路が西安府に改められた。西安府は陝西省に属し、直属の長安咸寧咸陽興平臨潼藍田涇陽高陵盩厔渭南富平三原醴泉の14県と華州に属する華陰蒲城の2県と商州に属する商南雒南山陽鎮安の4県と同州に属する朝邑白水郃陽澄城韓城の5県と耀州に属する同官県乾州に属する武功永寿の2県と邠州に属する淳化三水長武の3県、合わせて6州31県を管轄した[1]

のとき、西安府は陝西省に属し、長安・咸寧・咸陽・興平・臨潼・藍田・涇陽・高陵・鄠・盩厔・渭南・富平・三原・醴泉・同官・耀州・孝義庁寧陝庁の2庁1州15県を管轄した[2]

1913年中華民国により西安府は廃止された。

脚注編集

  1. ^ 明史』地理志三
  2. ^ 清史稿』地理志十