西徳寺(さいとくじ)は、東京都台東区に所在する真宗佛光寺派の寺院。山号は光照山。

西徳寺さいとくじ
Saitoku-ji (Taito).JPG
所在地 東京都台東区竜泉1丁目20の19
山号 光照山
宗旨 浄土真宗
宗派 真宗佛光寺派
本尊 阿弥陀如来
創建年 寛永5年(1628年
開基 釈善如
文化財 木造阿弥陀如来立像
木造聖徳太子孝養像
公式HP 西徳寺
法人番号 4010505000267 ウィキデータを編集
テンプレートを表示

歴史編集

本寺は寛永5年(1628年)、佛光寺門徒の聞法道場の一つとして江戸の金助町(現在の東京都文京区本郷付近)に建立されたと伝わる。建立後50年の間に天和の大火など、江戸を襲った火災で焼け出されること三度、当時の住職・檀家の協議により竜泉(現在の東京都台東区)に移転したのは天和3年(1683年)であるという[1]

徳川幕府時代、明治維新後も西徳寺は発展を続けたが、大正12年(1923年)の関東地震により本堂が全壊した。地震後に再建にとりかかり、昭和5年(1930年)に鉄筋コンクリート造という、寺院建築としては画期的な形で寺院再建を果たし、現在に至る[1]

文化財編集

いずれも東京都台東区指定。

著名人墓所編集

交通アクセス編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 沿革 西徳寺公式サイト
  2. ^ 木造阿弥陀如来立像(西徳寺) 東京都台東区『暮らしのガイド』
  3. ^ 木造聖徳太子孝養像東京都台東区『暮らしのガイド』

外部リンク編集