メインメニューを開く

西暦2889年』(せいれき2889ねん、原題 : La Journée d'un journaliste américain en 2889)は、1889年に刊行されたジュール・ヴェルヌSF小説

西暦2889年
Verne-29-stoleti.JPG
著者 ジュール・ヴェルヌ
イラスト George Roux
発行日 1889年
ジャンル SF小説
フランスの旗 フランス
言語 フランス語
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

概要編集

ジュール・ベルヌの名義で著されたことになっているが、実際には息子のミシェル・ヴェルヌによって英語で書かれた "In the Year 2889" というタイトルの短編で、そのフランス語訳にジュールが加筆して "Au XXIXe siècle" が出版された。さらにジュールの死後、短編集である『昨日と明日』に収録される時にミシェルが "La Journée d'un journaliste américain en 2889" としてオリジナルに近い形に編集し直した。それぞれ結末が異なる。

産業革命以後、発達の著しかった19世紀の科学技術を元に予想された、様々な未来技術が描かれる。

あらすじ編集

出版された1889年からちょうど1000年後の未来の世界を描く。

日本語訳編集

  • 「2889年」村上啓夫(訳)、早川書房、1971年 - 『世界SF全集[31] 世界のSF(古典編)』に収録。
  • 「2889年」村上啓夫(訳)、講談社文庫、1977年 - 『海外SF傑作選[8] 華麗なる幻想』に収録。
  • 「西暦2889年 アメリカ新聞王の一日」榊原晃三(訳)、ジャストシステム、1996年 - 『地軸変更計画』に収録。

外部リンク編集