メインメニューを開く

西村暢夫

西村暢夫(にしむら のぶお、1933年 - )は、イタリア文化研究家、書籍輸入業者、翻訳家。 京都市生まれ。1956年東京外国語大学イタリア語科卒業。1975年国際交流基金の派遣で日本語講師としてヴェネツィアに滞在。株式会社文流取締役社長をへて会長。書籍の輸入、翻訳を行い、イタリアに日本人のための料理学校を設立し、日本でのイタリア料理普及など、日伊文化交流に尽くした功績で、1980年サンドロ・ペルティーニ大統領から教育・文化・芸術銀賞を授与され、99年イタリア政府から大騎士の称号を授かる。(財)日伊協会評議員。

目次

著書編集

  • 『イタリア食文化の起源と流れ』文流 2006
  • 『イタリア食文化こぼれ話』文流 2013

共編著編集

  • 『小学館伊和中辞典』池田廉ほか共編 1983
  • 『やさしく話すイタリア語 ひとくち旅行会話』倉田清共著 第三書房 1988
  • 『電話のイタリア語トレーニング 日常生活・ビジネス編』編 第三書房 1997
  • 『パスタ手打ち道 イタリア直行便(日曜日の遊び方)』貝谷郁子共著 雄鷄社 2001

翻訳編集

  • レオナルド・ダ・ビンチの童話』ブルーノ・ナルディーニ編 渡辺和雄共訳 小学館 1975
  • 『レオナルド・ダ・ビンチの動物童話』ブルーノ・ナルディーニ編 渡辺和雄共訳 小学館 1976
  • 『少年少女世界文学全集 国際版 第3巻 王子とこじき』マーク・トウェイン原作 西村訳 筒井敬介文 小学館 1977
  • 『少年少女世界文学全集 国際版 第22巻 獅子王リチャード』ウォルター・スコット原作 西村訳 上崎美恵子文 小学館 1978
  • ヴィンチェンツォ・ブオナッシージ『パスタ宝典 スパゲッティ・マカロニ・タリアテッレ・ニョッキ・トルテッリーニ 1001の調理法』木戸星哲共訳 読売新聞社 1983
  • ブオナッシージ『イタリア・ソース宝典 ソース253種とその応用料理』木戸星哲共訳 読売新聞社 1985
  • ブオナッシージ『新パスタ宝典 低カロリー・メニュー中心の1300種』松本樹子、浅野恵子共訳 読売新聞社 1989

参考編集