メインメニューを開く

倉田 清(くらた きよし、1928年2月6日 - )は、フランス文学者、神奈川大学名誉教授。

東京府生まれ。1953年東京外国語大学フランス学科卒。1958年から1960年までパリ大学文学部留学。上智大学助教授、教授、神奈川大学教授、1998年定年退任、名誉教授。シャルル・ペギーを中心にキリスト教文学を研究、翻訳した。フランス語のみならずイタリア語、スペイン語、英語に通じ、語学教科書も数多く執筆した。

目次

著書編集

  • 『愛の悲劇と神秘 フランス文学講義』南窓社 1966
  • 『自然と恩寵 フランシス・ジャムの詩の世界』中央出版社 1966
  • 『シャルル・ペギーの思想の形成と発展 社会主義と神秘主義』南窓社 1971
  • 『やさしく話すフランス語 パリ旅行会話』第三書房 1976
  • 『仏文和訳の実際』大修館書店 1977
  • 『仏文和訳の方法 条件法・接続法マスター』大修館書店 1995
  • 『いちばんやさしいフランス語会話入門』池田書店 2001

共著編集

  • 『やさしく話すアメリカ英語 ひとくち旅行会話』アーネスト・M.カーマイケル共著 第三書房 1981
  • 『現代キリスト教用語辞典 仏英独日対照』波木居純一共著 大修館書店 1985
  • 『やさしく話すイタリア語 ひとくち旅行会話』西村暢夫共著 第三書房 1988

翻訳編集

  • ボリス・シモン『他人の重み』東峰書院 1960
  • A.ド・パルヴィエ『ペンの奉仕』ドン・ボスコ社(カトリック全書) 1961
  • ジョゼフ・ド・ギベール『聖イグナチオの霊性』中央出版社 1963
  • ジャン・フランソワ・シックス『シャルル・ド・フコーの霊的遍歴』エンデルレ書店 1964 「シャルル・ド・フーコー」聖母文庫
  • A.コルベジェ『神は人々とともに』中央出版社 1965
  • ボアマール他『聖書の主要テーマ』磯見辰典、吉田啓太共訳 南窓社(聖書研究叢書) 1965
  • ロマン・ロランミケランジェロの生涯』角川文庫 1966
  • ルイ・コニェ『ジャンセニスム』朝倉剛共訳 白水社(文庫クセジュ)1966
  • 『ジャム詩集』三笠書房(世界の名詩集)1967
  • オスカー・クルマン『新約聖書』白水社(文庫クセジュ)1967
  • ジュール・ルナールにんじん』ポプラ社(世界の名著)1968
  • マドレーヌ・バロ『教会一致運動』波木居純一共訳 白水社(文庫クセジュ)1970
  • ジャック・マリタン、ライサ・マリタン『詩とは何か その位置について』南窓社 1970
  • フランソワ・ド・クロゼ『進歩の危機』朝倉剛共訳 日本経済新聞社 1973
  • 『世界反戦詩集 戦争と平和』角川文庫 1973
  • ピエール・ブリュネル、ドニ・ユイスマン『フランス文学ハンドブック ヌーヴォー・ロマンからシャンソン・ド・ロランへ』朝倉剛共訳 白水社 1974
  • ジャンーフランソワ・シックス『貧しい人に福音を アントワーヌ・シュヴリエの生涯』エンデルレ書店 1976 「福者シュヴリェ神父」聖母文庫
  • エルネスト・カルデナル『深き淵より 現代の詩篇』ヨルダン社 1979
  • M.デ・ブラバンデレ編『聖人たちの知恵 教父および教会著作家選集』中央出版社 1979
  • 『フランシス・ジャム詩集』朝日出版社 1980
  • J.ダニエルー,J.オノレ, P.プーパール『カトリック 過去と未来』朝倉剛共訳 ヨルダン社 1981
  • リュック・ブノワ『ヴェルサイユの歴史』瀧川好庸共訳 白水社(文庫クセジュ)1999
  • 『祈り 地上に平和を 倉田清訳詩集』ドン・ボスコ社 2000
  • ジャック・クラレ『語の選択』中川恭明共訳 白水社(文庫クセジュ)2001

参考文献編集

  • 倉田清教授退職記念号 人文研究(神奈川大学)1998