メインメニューを開く

西村 謙三(にしむら けんぞう、文久元年9月13日1861年10月16日) - 1937年7月10日)は、日本教育者郷土史家

経歴[1]編集

初代佐賀藩鍋島勝茂に仕えた書家である洪浩然の子孫、洪安襲の三男として肥前国(現・佐賀県佐賀市西田代町)に生まれ、西村家を継いだ。東京帝国大学文学部哲学科卒業。

東大卒業後、佐賀中学を振り出しに、岐阜中学大分中学豊津中学の教諭を経て、武生中学滋賀中学修猷館中学長崎中学の校長を歴任する。郷里に帰り、成美高等女学校校長を最後に教職生活を終える。

1914年、鍋島家が創立した佐賀図書館の館長に就任。1927年、鍋島家が創立した博物館である徴古館の初代館長となり肥前史談会を創立。『鍋島直正公一代記』『古賀穀堂先生小伝』などを著す。

脚注編集

  1. ^ 『佐賀県大百科事典』637頁。

参考文献編集